2002.11.25

【再掲】 全国的な頭痛患者実態調査を今年度から開始

 日本頭痛学会は2002年度から3年間の計画で、頭痛に関する全国的な患者実態調査を実施する。2005年に京都で開催される国際頭痛学会で研究成果を発表する構想だ。

 日本における全国的な頭痛の疫学研究は、北里大学医学部教授の坂井文彦氏らが1997年に報告した片頭痛に関するものしかない。その後、人口の高齢化の進展や、トリプタン製剤の登場で片頭痛の治療戦略が大きく変わるといった動きもあり、継続的な調査が望まれていた。今回の調査研究は坂井氏が率いる研究班が担当する。調査の手法や研究プロトコルなどは未定だが、2003年3月には第1弾の報告をまとめる予定という。

■訂正■
 「疫学調査」と報道しましたが、患者実態調査の誤りでした。お詫びして訂正致します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. “根室の奇跡” 耐性肺炎球菌を減らせた秘策 事例研究◎抗菌薬を適切に使えば必ず地域社会を変えられる FBシェア数:177
  2. 59歳女性。めまい 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 医者だとバレたくない うさコメント! FBシェア数:10
  4. レーシックの欠点補う近視矯正手術SMILE リポート◎第三の視力矯正手術の実力は? FBシェア数:145
  5. 保険者の突合点検で発覚した検査料の誤請求 あのレセプトが削られたわけ FBシェア数:34
  6. 塩野義製薬の新規抗インフルエンザ薬、第3相臨床試… インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:250
  7. 俺はいたって元気なんだけどなあ〜 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:27
  8. 83歳男性。両下肢の脱力 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. 抗菌薬使用最適化にクリニカルパス見直しが効く 事例研究◎院内で活躍する感染制御部 FBシェア数:94
  10. 皮膚膿瘍は切開排膿後の抗菌薬で治癒率上昇 NEJM誌から FBシェア数:2