2002.11.25

【再掲】 全国的な頭痛患者実態調査を今年度から開始

 日本頭痛学会は2002年度から3年間の計画で、頭痛に関する全国的な患者実態調査を実施する。2005年に京都で開催される国際頭痛学会で研究成果を発表する構想だ。

 日本における全国的な頭痛の疫学研究は、北里大学医学部教授の坂井文彦氏らが1997年に報告した片頭痛に関するものしかない。その後、人口の高齢化の進展や、トリプタン製剤の登場で片頭痛の治療戦略が大きく変わるといった動きもあり、継続的な調査が望まれていた。今回の調査研究は坂井氏が率いる研究班が担当する。調査の手法や研究プロトコルなどは未定だが、2003年3月には第1弾の報告をまとめる予定という。

■訂正■
 「疫学調査」と報道しましたが、患者実態調査の誤りでした。お詫びして訂正致します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:8
  2. ヒドすぎる医療シーンに仰天「これが魔術か…」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:14
  3. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:100
  4. その消化管出血、本当に抗血栓薬が原因ですか? 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:146
  5. “不思議ちゃん”看護師が職場にいたら うさコメント! FBシェア数:0
  6. DAPT併用にはワルファリンよりNOACが安全 学会トピック◎第81回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:4
  7. すっぴん出勤の理由 病院珍百景 FBシェア数:1
  8. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:123
  9. 幼少期の愛情剥奪は長期的な悪影響を及ぼす Lancet誌から FBシェア数:99
  10. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急