2002.11.25

【再掲】 全国的な頭痛患者実態調査を今年度から開始

 日本頭痛学会は2002年度から3年間の計画で、頭痛に関する全国的な患者実態調査を実施する。2005年に京都で開催される国際頭痛学会で研究成果を発表する構想だ。

 日本における全国的な頭痛の疫学研究は、北里大学医学部教授の坂井文彦氏らが1997年に報告した片頭痛に関するものしかない。その後、人口の高齢化の進展や、トリプタン製剤の登場で片頭痛の治療戦略が大きく変わるといった動きもあり、継続的な調査が望まれていた。今回の調査研究は坂井氏が率いる研究班が担当する。調査の手法や研究プロトコルなどは未定だが、2003年3月には第1弾の報告をまとめる予定という。

■訂正■
 「疫学調査」と報道しましたが、患者実態調査の誤りでした。お詫びして訂正致します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 非医師がタトゥーを彫るのは医師法違反か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:23
  2. ここまで分かった! 2018診療報酬改定の中味 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  3. 牛乳アレルギーの急速経口免疫療法で低酸素脳症 神奈川県立こども医療センターが事例報告 FBシェア数:165
  4. 抗認知症薬の使用・選択の5つの考え方 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:78
  5. 酒を飲んで仕事!? 待機中の飲酒はアリなのか 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:176
  6. 「早期診断が重要」って本当にできるの? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:9
  7. 昭和大学病院の「働き方改革」は成功するか シリーズ◎医師の「働き方改革」 FBシェア数:399
  8. いま書いてるの、もしかして「偽」の診断書? 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:39
  9. 「モルヒネだけは飲みたくない」への対応法 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:19
  10. 人生の最期は「眠って過ごしたい」と言われたら Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:182