2002.11.25

ゾルミトリプタンとエルゴタミン製剤、急性片頭痛治療ではゾルミが好結果

 急性期の片頭痛治療において、ゾルミトリプタンとエルゴタミン製剤(カフェルゴット)の比較対照試験を実施したところ、鎮痛作用の切れ味、副作用、QOL向上などの点でゾルミトリプタンの方が優れていた。西沢クリニックの西澤芳男氏(写真)が23日、日本頭痛学会総会の一般口演で報告した。

 西澤氏らは、約20施設において、片頭痛の確定診断が得られた659人の通院患者に対する性・年齢構成、重症度などをほぼ一致させた2群に分ける多施設ランダマイズ比較試験を行った。

 その結果、鎮痛効果についてはゾルミトリプタンが投与2時間後に68.4%、4時間後に75.3%に改善がみられたのに対し、カフェルゴットでは2時間後に45.1%、4時間後でも47.1%だった。2〜24時間後に再発し追加投薬を要した比率も36.8%対62.9%とゾルミトリプタンが大幅に低かった。片頭痛の随伴症状の改善についても、嘔吐では有意差がみられなかったが、吐き気(投与4時間後で23.0%対55.2%)や光過敏(投与4時間後で33.9%対56.3%などではゾルミトリプタンが優れていた。

 副作用では、ゾルミトリプタンが有意に多かったものとして、疲労感(6.3%対4.0%)、喉の締め付け感(3.3%対0.6%)、胸痛(4.8%対0.9%)などがあった。カフェルゴットの方が多かった副作用としては、吐き気/嘔吐(5.1%対15.0%)、めまい(4.2%対7.9%)腹部不快感(0.6%対3.7%)などだった。

 治療後の患者の印象として、ゾルミトリプタンでは49.1%の患者が「優れている」「良い」としていたのに対し、カフェルゴットでは34.6%だった。鎮痛の早さや副作用の少なさが反映されたようだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. まずLAMAから?それともLABAから? プライマリケア医のための喘息・COPD入門 FBシェア数:129
  2. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:57
  3. NCDで変わり始めた外科手術 リポート◎登録開始から5年、800万を超える外科症例データが集積 FBシェア数:35
  4. 抗体を持つ研修医が発症した「修飾麻疹」とは? パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:282
  5. 81歳男性。側腹部の膨隆 日経メディクイズ●救急
  6. 地域枠義務放棄の医師採用は研修補助金を減額 臨床研修病院はマッチング時に「地域枠医師」かどうかの確認を FBシェア数:221
  7. 63歳女性。手指と足首の痛みを伴う皮疹 日経メディクイズ●皮膚
  8. 国主導の『抗微生物薬適正使用の手引き』公表へ 厚生科学審議会感染症部会で了承 FBシェア数:87
  9. 13歳女児。繰り返す嘔吐 日経メディクイズ●小児
  10. 今年の大学医学部入試の問題から(その1) 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:1