2002.11.25

重症睡眠時無呼吸症候群で3割強に頭痛の訴え

 23日午前中にB会場で行われたセッション「症候性頭痛」では、臨床上留意すべきと思われる症例報告が相次いだ。獨協医科大学の研究グループは、重症睡眠時無呼吸症候群にみられる頭痛について報告。重症睡眠時無呼吸症候群では3割強に頭痛の訴えがあること、起床後頭痛が大多数だったこと、性状は緊張型頭痛であること−−などを指摘した。神経内科の宮本雅之氏が発表した。

 調査期間は、2001年1月1日から2002年6月30日。同病院に入院した重症睡眠時無呼吸症候群の患者27例。男性25例、女性2例。年齢は47.6±11.7。BMIは31.0±4.8kg/m2。眠気を評価するEpworth Sleepiness Scale(ESS)は、11.6±3.9だった。

 頭痛の有無や性状、睡眠の習慣については、問診票で行い、日中の眠気については、ESSで評価した。神経学的診察、耳鼻科的診察も実施。起床時の動脈血ガス分析、頭部規格撮影(側面)と頭部MRIも実施した。また全例にポリソムノグラフィも施行した。

 調査の結果、10例に頭痛の症状があり、特に起床後頭痛が目立った。性状は個人差があったが、1.両側性、特定の疼痛部位はない、2.頭重感(非拍動痛)、鈍痛、倦怠感、寝不足感、3.持続時間が約10分から約2時間、4.頭痛の原因となる頭蓋内の器質的疾患がない、5.ADLに障害はなく、鎮痛薬を常用する人もいない−−などの特徴があった。

 頭痛の有無と患者背景には、特に違いは認めなかった。睡眠時無呼吸障害指標と頭痛の有無にも、両群で特に差がなかった。ただし、睡眠習慣と頭痛の有無には差がみられた。熟睡感がないとする患者は、頭痛があった10例の80.0%で、頭痛がなかった17例では29.4%でしかなかった(p<0.05)。また日中の眠気は、頭痛のあった10例ではESSが14.3±3.4で、一方の頭痛のなかった17例ではESSが10.1±3.3だった(p<0.05)。 

 宮本氏は、重症睡眠時無呼吸症候群と頭痛に関する文献も調査したところ、重症睡眠時無呼吸症候群で起床後頭痛があったのは18%から58%と幅があった。宮本氏らの今回の調査結果もこの範囲に入るものだ。重症睡眠時無呼吸症候群での頭痛発症要因については宮本氏らは、今回の調査では有志差がなかったが「夜間の高炭酸ガス血症や鼻呼吸障害も関与している可能性がある」とみている。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051