2002.11.25

口腔外科初診患者で、「頭痛、頭蓋神経痛、顔面痛」の患者は2%

 1990年代に入って口腔顔面痛学が発展、歯科領域からの頭痛へのアプローチも進んでいる。その一端を示す研究成果が、清水市立病院口腔外科と静岡赤十字病院神経内科のグループから22日報告された。清水市立病院の井川雅子氏が「清水市立病院口腔外科初診患者における『頭痛、頭蓋神経痛、顔面痛』の割合の検討」と題して発表した。口腔外科初診患者では、「頭痛、頭蓋神経痛、顔面痛」の患者が2%と決して稀ではないことを指摘した。

 研究グループは、「頭痛、頭蓋神経痛、顔面痛」の患者が歯や顎の痛みを訴えて歯科を受診することが少なくないことから、市中病院の歯科おける頭痛患者数や受診理由などを調べた。
 
 対象は、2001年8月1日から2002年7月31日までの1年間に清水市立病院口腔外科を受診した初診患者1859人。5年以内の再初診患者と、問診表記入の必要性から15歳以下は除いている。診断は国際頭痛学会の基準(1988)にそって行った。

 その結果、脱落23人を除く1836人中、歯・顎および関連組織の疾患は1525人で、顎関節の疾患は250人(13.6%)だった。片頭痛は5人(0.3%)、以下、緊張型頭痛12人(0.6%)、群発頭痛2人(0.2%)、三叉神経痛11人(0.5%)、舌咽神経痛5人(0.3%)だった。その他では咬筋ジストニーが1人だった。歯および顎関節症以外の頭痛・顔面痛患者は全対象患者の2%という結論だった。

 受診理由では、たとえば片頭痛患者では、「前兆として歯痛がある」「神経内科の治療で改善しない」「内科の治療で改善しない」「発作時、顎関節部に疼痛」というものだった。

 これらの結果から井川氏らは、口腔外科は、「神経内科や脳神経外科などの隣接領域の診療科との連携体制を整えておくことが重要」と考察している。


Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0