2002.11.25

片頭痛患者の自己肯定感やQOLは低い傾向に

 周期的に強い頭痛に襲われる不安を抱えた片頭痛患者は、健常者に比べ、自己肯定感やQOL(Quality Of Life)が低い傾向にあるようだ。東邦大学医学部心療内科の端詰勝敬氏は23日、日本頭痛学会総会の一般口演で「片頭痛患者のQOLとセルフエティームに関する検討」と題して発表した。

 端詰氏らは、2000年から2002年にかけて東邦大学心療内科を受診した片頭痛患者25人(男性6人、女性19人、平均年齢40.5歳)について、QOLとセルフエティームを質問紙によりアンケート調査し、対照群(一般大学生301人、うち男性126人、女性175人、平均年齢20.6歳)と比較した。その結果、片頭痛患者のQOLのうち、心理、環境、平均、総合の各領域とセルフエティームについては、対照群に比べ、統計的有意に低い(悪い)ことが判明した。有意差はないものの、QOLの社会領域についても患者群が低かった。身体領域のQOLは、有意差はないが患者群が対照群よりもやや高かった。これについては、「患者群が通院治療中であることの影響ではないか」(端詰氏)としていた。

 セルフエティームは自己肯定感や自己効力感を表す指標で、QOLの心理、社会領域の評価に近いと考えられる。調査項目はWHO(世界保健機関)が作成したQOL-26、およびセルフエティーム調査票に基づいている。調査では、対照群のなかで片頭痛の症候を持つ群についても併せて分析を行っており、全般に患者群に次いでQOLやセルフエティームが低い傾向があることを示していた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:128
  2. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  3. 62歳女性。下肢に多発する、浸潤を触れる紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  4. 意外と難しい運動誘発性喘息の診断 あなたの知らないスポーツ内科の世界 FBシェア数:35
  5. 卵アレルギーは「微量のゆで卵」で防ぐ リポート◎学会が提言、アトピー乳児は早期から卵摂取を FBシェア数:136
  6. 若年男性に生じた発熱と多関節痛、何を疑う? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  7. 外国人診療で増えつつある「母国の親戚」問題 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:27
  8. 鳥インフルエンザ(H7N9)のヒト化が進む 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《4》 FBシェア数:6
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:1
  10. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:466