2002.11.25

緊張型頭痛の患者で約6割にめまい症状

 国際分類の診断基準では、緊張型頭痛がめまいを伴うことが記載されていない。しかし、日常診療では緊張型頭痛の患者で約6割にめまいの症状が存在した−−。太田熱海病院神経センター神経内科の山根清美氏が22日、「緊張型頭痛におけるめまいの臨床的検討」と題して報告した。

 山根氏は、日常診療で緊張型頭痛の患者が何らかのめまいを主訴とすることが少なくないことに着目。緊張型頭痛患者を対象に、めまいの頻度、めまいの性状などを調べた。

 対象は同診療科目を受診し、緊張型頭痛と診断された114例。男性が39例、女性が75例。年齢は16歳から86歳で、平均年齢は61.2歳だった。

 その結果、114例中めまいが存在したのは68例(59.6%)で、約6割と高率だった。性状を分析したところ、回転性めまい(verigo)が43例(63.2%)、浮動性めまい(dizziness)が25例(36.8%)だった。

 この結果から山根氏は、成書にはめまいの原因の鑑別診断に緊張型頭痛を挙げているものは「極めて少ない」(山根氏)ことから、「臨床的にめまいの原因の鑑別に、緊張型頭痛を念頭におくことが重要」と強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:483
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:852
  3. 未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策 記者の眼 FBシェア数:3
  4. 診療報酬改定率、本体は0.55%の引き上げ シリーズ◎2018診療報酬改定 FBシェア数:103
  5. 細菌性髄膜炎がほぼ確実なのに起炎菌が不明! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  6. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:3
  7. 50歳代男性。発熱、咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  8. ロコアテープの処方上限は70枚じゃない!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:40
  9. 小児科ナースは見た!!〜パワフルな1歳児〜 病院珍百景 FBシェア数:9
  10. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:455