2002.11.23

片頭痛患者の81.1%が受診で日常生活改善 

 2002年11月22日、横浜市で開催されている日本頭痛学会総会で、日本医科大学脳神経外科助教授の喜多村孝幸氏が発表した「頭痛診療の現状と患者満足度調査に関する結果報告」によると、頭痛診療を受けた片頭痛患者は8割以上が、日常生活への支障が改善したとするなど、おおむね高い満足感を持っていることが分かった。

 調査は、今年5月から9月にかけ、頭痛診療を行っている医師とその医療機関で受診している片頭痛患者に対して実施した。医師向け調査は、1018人の医師に対してアンケートを郵送し、患者向け調査は、これらの医師に対して、最大5人の来院患者に渡すよう依頼した。有効回答数は医師が149(回収率は14.6%)、患者が252(同5.0%)である。

 医療機関への受診動機としては、26.8%が「市販薬では効かなくなった」、35.4%が「耐えられない頭痛発作があった」、20.6%が「生活への支障が出てきた」などと、著しい苦痛に曝されていることが分かる。その一方で、31.1%が「病院・診療所で(片頭痛が)治療可能であることを知った」としており、トリプタン製剤の有効性をはじめとする頭痛診療の効果に対して、「ADITUS Japan」の広報活動などの成果があった(喜多村氏)と表明していた(図参照)。

 自分が受診している医師から渡されたアンケートへの回答という点を考慮しても、頭痛診療に対する患者の満足度は極めて高いようだ。片頭痛による日常生活への支障が通院によって改善したかどうかについて、16.5%が「非常に改善」、64.6%が「改善」したとしているという。

 医療機関で投与される薬剤に対する満足度では、トリプタン製剤で7割を超える患者が「大変満足」「満足」としており、エルゴタミン製剤の63.0%、アスピリンの28.6%、アスピリン以外のNSAIDSの51.7%を大きく上回っていた。また、制吐薬は76.9%とトリプタン製剤を上回る満足度を得ており、重症片頭痛患者にとって、吐き気・嘔吐が大きな悩みであることをうかがわせる。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31