2002.11.20

FDA、1時間で結果の出る妊婦のB群レンサ球菌検査を承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月18日、1時間で結果の出る妊婦のB群レンサ球菌検査、「IDI-Strep B test」を承認した。同検査を受けずに分娩が始まってしまった場合などには、迅速に検査結果を出し、治療を始めることができるのが利点。

 B群レンサ球菌への感染は、米国の新生児の死亡などの最も大きな原因となっている。通常妊婦は、出産予定日の2〜4週間前に、B群レンサ球菌への感染の有無を調べるスクリーニング試験を行う。感染が認められた場合には、分娩中に4時間の抗生物質投与が行われる。これによって母親から新生児への感染を大幅に防ぐことができる。

 だが、従来の検査法では、結果が出るまでに18〜48時間かかってしまうため、早期に分娩が始まってしまったり、適切な出生前管理を受けていない妊婦のスクリーニングと治療はできないのが現状だった。

 FDAによれば、妊婦の約10〜30%がB群レンサ球菌に感染しているという。先のような妊婦のスクリーニングと治療を行うことで、新生児のB群レンサ球菌への感染は過去10年で約70%減少したという。

 802人の被験者を対象に行った治験では、IDI-Strep B testによって、約94%の妊婦のB群レンサ球菌への感染を検出することができたとしている。

 同検査の製造元は、カナダInfectio Diagnostic社(ケベック州Sainte-Foy)。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7