2002.11.12

FDAが20分で結果が出るHIV検査キットを承認、精度は99.6%

 米国食品医薬品局(FDA)は11月7日、20分で結果が出るHIV(エイズウイルス)検査キット「OraQuick Rapid HIV-1 Antibody Test」を承認した。検査の正確性は99.6%。OraQuickを活用することで、検査を受けた人はその場で結果を知ることができる。FDAによれば、毎年、公立の診療所でHIV検査を受け結果が陽性だった人のうち約8000人が、検査結果を受け取るための再受診をしていないという。

 OraQuickはまた、常温で保存でき、特別な機器なども不要なため、今後FDAの許可を得て、臨床検査センターやクリニック以外の、HIVカウンセリングセンターなどでも活用していく可能性もあるという。なおOraQuickで陽性と出た場合、より精度の高い検査法で確認する必要があるという。またOraQuickは、献血の際のスクリーニングへの使用は認められていない。

 FDA副長官のLester M. Crawford氏は、妊娠期間中にHIV検査を受けなかった女性の出産に際し、OraQuickを使うことで新生児への感染を防ぐ処置を行うことができたり、医師や看護婦が誤ってHIV感染者の血液に触れた場合に迅速に検査を行うこともできる、としている。

 米国疾病対策センター(CDC)によれば、全米のHIV感染者約90万人のうち、4人に1人は自分が感染していることを知らないという。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:127
  2. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:64
  3. CT読影レポートの見落し、どうすれば防げる? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:62
  4. 55歳女性。両眼瞼の掻痒、発赤腫脹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  5. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:38
  6. 新しい外来診察室で働き方が変わる ケーススタディ◎グッドデザイン賞を受賞した「ユニバーサル外来」 FBシェア数:7
  7. 50代男性「肺炎が治らない」で注意すべきは? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:1
  8. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:129
  9. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  10. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:33
医師と医学研究者におすすめの英文校正