2002.11.12

FDAが20分で結果が出るHIV検査キットを承認、精度は99.6%

 米国食品医薬品局(FDA)は11月7日、20分で結果が出るHIV(エイズウイルス)検査キット「OraQuick Rapid HIV-1 Antibody Test」を承認した。検査の正確性は99.6%。OraQuickを活用することで、検査を受けた人はその場で結果を知ることができる。FDAによれば、毎年、公立の診療所でHIV検査を受け結果が陽性だった人のうち約8000人が、検査結果を受け取るための再受診をしていないという。

 OraQuickはまた、常温で保存でき、特別な機器なども不要なため、今後FDAの許可を得て、臨床検査センターやクリニック以外の、HIVカウンセリングセンターなどでも活用していく可能性もあるという。なおOraQuickで陽性と出た場合、より精度の高い検査法で確認する必要があるという。またOraQuickは、献血の際のスクリーニングへの使用は認められていない。

 FDA副長官のLester M. Crawford氏は、妊娠期間中にHIV検査を受けなかった女性の出産に際し、OraQuickを使うことで新生児への感染を防ぐ処置を行うことができたり、医師や看護婦が誤ってHIV感染者の血液に触れた場合に迅速に検査を行うこともできる、としている。

 米国疾病対策センター(CDC)によれば、全米のHIV感染者約90万人のうち、4人に1人は自分が感染していることを知らないという。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:2
  3. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:37
  4. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:710
  5. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:104
  6. 特集「『説明したのに敗訴』のなぜ」が生まれたわけ 編集会議 on the Web FBシェア数:124
  7. 起立性低血圧は立って1分以内に測定すべき JAMA Internal Med誌から FBシェア数:108
  8. 急激な腎機能低下を一過性と侮るな トレンド◎急性腎障害(AKI)診療ガイドライン発行 FBシェア数:156
  9. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:511
  10. 医局に入ったら生涯収入が減るものと覚悟せよ Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:161