2002.11.12

FDAが20分で結果が出るHIV検査キットを承認、精度は99.6%

 米国食品医薬品局(FDA)は11月7日、20分で結果が出るHIV(エイズウイルス)検査キット「OraQuick Rapid HIV-1 Antibody Test」を承認した。検査の正確性は99.6%。OraQuickを活用することで、検査を受けた人はその場で結果を知ることができる。FDAによれば、毎年、公立の診療所でHIV検査を受け結果が陽性だった人のうち約8000人が、検査結果を受け取るための再受診をしていないという。

 OraQuickはまた、常温で保存でき、特別な機器なども不要なため、今後FDAの許可を得て、臨床検査センターやクリニック以外の、HIVカウンセリングセンターなどでも活用していく可能性もあるという。なおOraQuickで陽性と出た場合、より精度の高い検査法で確認する必要があるという。またOraQuickは、献血の際のスクリーニングへの使用は認められていない。

 FDA副長官のLester M. Crawford氏は、妊娠期間中にHIV検査を受けなかった女性の出産に際し、OraQuickを使うことで新生児への感染を防ぐ処置を行うことができたり、医師や看護婦が誤ってHIV感染者の血液に触れた場合に迅速に検査を行うこともできる、としている。

 米国疾病対策センター(CDC)によれば、全米のHIV感染者約90万人のうち、4人に1人は自分が感染していることを知らないという。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:64
  2. 採用面接に妻同席、空気を一変させたある一言 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:13
  3. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:296
  4. 意外と多いナースの更衣室の悩み 小林光恵の「ほのぼのティータイム」 FBシェア数:40
  5. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  6. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  7. 70歳女性。咽頭痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:1
  8. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:99
  9. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  10. 東広島市の麻疹感染広がる、患者は7人に パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:198