2002.11.07

FDA、心移植不適応の終末期うっ血性心不全患者向けに心臓補助ポンプを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月6日、心移植が適応にならない終末期うっ血性心不全患者への、心臓補助ポンプ「HeartMate」の永久装着を承認した。これは、1年生存率が約2倍になるという治験結果を受けたもの。HeartMateは、左心室を補助する装置で、これまでは、心移植を待つ患者への一時的装着のみが承認されていた。

 治験では、129人の終末期うっ血性心不全患者に対し、68人にHeartMateを装着、61人は最も望ましい薬剤による治療を継続した。その結果、1年後の生存率は、対照群が28%だったのに対し、HeartMate群は50%に上った。また、2年後の推定生存率は、対照群が10%、HeartMate群は27%としている。

 一方、同器具の装着にあたっては、大手術を要するため、多くの患者で出血があり、再手術を要したのは32%、感染症が41%、脳卒中が10%の患者で起こったという。こうした重篤な副作用を伴うことから、FDAは、同器具の適応を心移植が不適応の症状の重い終末期うっ血性心不全患者に限定しており、その数は全米で2〜3万人だとしている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トランプ氏に学ぶ!?脂漏性皮膚炎の診かた 【臨床講座】ドキュメント皮膚科外来 FBシェア数:5
  2. 57歳男性。動悸、呼吸困難 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. もういいッ…!休めッ…! 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:137
  4. ブランク10年の看護師の一言に青ざめた患者 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:34
  5. 「これはやばそうだ」という直感を磨くには 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:29
  6. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:293
  7. X線透視が不要なカテーテル手術を実現 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:214
  8. ハーボニー偽造品が東京都で新たに9本発見 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:539
  9. 25歳男性。胸痛 日経メディクイズ●救急
  10. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:434