2002.11.07

FDA、心移植不適応の終末期うっ血性心不全患者向けに心臓補助ポンプを承認

 米国食品医薬品局(FDA)は11月6日、心移植が適応にならない終末期うっ血性心不全患者への、心臓補助ポンプ「HeartMate」の永久装着を承認した。これは、1年生存率が約2倍になるという治験結果を受けたもの。HeartMateは、左心室を補助する装置で、これまでは、心移植を待つ患者への一時的装着のみが承認されていた。

 治験では、129人の終末期うっ血性心不全患者に対し、68人にHeartMateを装着、61人は最も望ましい薬剤による治療を継続した。その結果、1年後の生存率は、対照群が28%だったのに対し、HeartMate群は50%に上った。また、2年後の推定生存率は、対照群が10%、HeartMate群は27%としている。

 一方、同器具の装着にあたっては、大手術を要するため、多くの患者で出血があり、再手術を要したのは32%、感染症が41%、脳卒中が10%の患者で起こったという。こうした重篤な副作用を伴うことから、FDAは、同器具の適応を心移植が不適応の症状の重い終末期うっ血性心不全患者に限定しており、その数は全米で2〜3万人だとしている。

 詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. 78歳女性。主訴:激しい胸痛 総合内科BASICドリル FBシェア数:173
  3. 医療者の「献身的な労働」に甘えていませんか? 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:146
  4. ケアマネがショックを受けた医師からの一言 医師が知らない介護の話 FBシェア数:399
  5. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:160
  6. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:606
  7. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:285
  8. いまの医師の好みはベンツよりハイブリッド車 医師1000人に聞きました FBシェア数:207
  9. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:23
  10. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:1