2002.10.28

米国成人の3分の1が関節炎か慢性関節痛、CDC調べ

 米国疾病対策センター(CDC)は10月24日、18歳以上の米国人の3分の1にあたる約7000万人が、関節炎か慢性関節痛があるという調査結果を公表した。これはCDCが、18歳以上の21万2000人に対して電話で聞き取り調査をして明らかにしたもの。CDCのJulie L. Gerberding氏は、「関節炎は身体障害の最大の原因であり、今回の調査結果によって、関節炎と慢性関節痛が最も一般的な公衆衛生上の問題であることが確認された」としている。

 調べによると、関節炎か慢性関節痛を持つ人の割合は女性に多く、女性が37.3%で、男性は28.4%だった。この割合は州によって大きな開きがあり、最も少ないのはハワイ州の17.8%なのに対して、最も多いのはウエスト・バージニア州の42.6%だった。

 また、関節炎か慢性関節痛があるとした33%のうち、10.6%は医師によって関節炎と診断を受けた人、10.0%は慢性関節炎があると答えた人で、12.4%はその両者だった。

 CDCでは現在36州に対して、関節痛を持つ人向けの適切な運動法の指導など、QOL(生活の質)改善プログラムへの助成を行っている。詳しくは、CDCによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54