2002.10.25

【日本公衆衛生学会速報】 炭疽菌芽胞に対する消毒、WHO推奨5薬剤はすべて有効

 炭疽菌は芽胞を形成することで消毒薬に対する抵抗性を持つため、有効な薬剤は限定されている。さらに、日本では消毒薬の有効性に関するデータが十分ではない現状を踏まえ、埼玉県衛生研究所の柴田穣氏らは、世界保健機関(WHO)が推奨している、ホルムアルデヒドや次亜塩素酸ナトリウム、過酸化水素、グルタルアルデヒド、過酢酸の5種類の薬剤について、その殺菌効果を検討した。その結果、WHO推奨5薬剤はすべて有効であることがわかった。10月24日、日本公衆衛生学会のポスターセッション「感染症」で発表した。

 今回用いた材料は、供試菌がBacillus anthracis 2苗H株とBacillus anthracis 34-F2株。また、試験薬剤の濃度(と使用した不活化剤)については、10%ホルムアルデヒド水溶液(リン酸加3.36%アンモニア水)、0.5%次亜塩素酸ナトリウム水溶液(0.5%チオ硫酸ナトリウム)、3%過酸化水素水(0.2%カタラーゼ加0.5%チオ硫酸ナトリウム)、2%および4%グルタルアルデヒド(ともに1.0%グリシン)、0.3%および1%過酢酸(0.5%および1.0%チオ硫酸ナトリウム)とした。なお、WHO指針では、グルタルアルデヒドの濃度は4%、過酢酸は1%と、通常より高濃度になっている。

 殺菌効力の測定方法については、以下の通り。被検薬液1.8mlに芽胞菌液0.2mlを加え、素早く混和し、摂氏20度で一定の作用時間静かに置いておく。その後、試験液1mlに不活化剤9mlを混ぜ、反応を停止させた後、そのうち1mlを9mlのTSB(trypticase soy broth)で摂氏37度の状態のまま48時間培養し、菌の発育の有無から殺芽胞作用を確かめた。なお、作用時間については、5分、10分、20分、30分、60分、120分の6パターンを採用し、同日に同条件の実験を3回繰り返した。

 結果については、「120分間作用させると、どの薬剤においても殺芽胞効果が得られた」(柴田氏)。もっと短時間でも有効なものもあり、10%ホルムアルデヒドと1%過酢酸だと、5分後にすべて陰性となった。また、2%グルタルアルデヒドと0.3%過酢酸では、20分後にはすべて陰性となり、WHOが推奨している高濃度でなくても、比較的短い時間で効果を示すことも確認された。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180