2002.10.22

早期乳癌の生命予後は20年後も「乳房全摘術」と「乳房温存療法」で差なし、歴史的な臨床成績が発表

 約30年前にスタートした早期乳癌の術式比較試験の長期成績2報が、New England Journal of Medicine(NEJM)誌10月17日号に掲載された。中央値で20年追跡しても、乳房の全摘手術を受けた人と温存手術を受けた人とで、総死亡率や無再発生存率などに全く差が認められないことが判明。「早期乳癌に対して乳房を全摘する正当な理由がない」ことが、今や誰の目にも明らかになった。

 今回掲載された長期成績の一つは、イタリアで1973年からスタートした比較試験。乳房と胸筋、リンパ節を全て切除する「ハルステッド手術」と、温存療法の一種で乳房の4分の1を切除し、リンパ節も取る「4分の1切除術」とを比べるものだ。対象は腫瘍直径が2cm以下の早期乳癌患者701人で、4分の1切除法に割り付けられた人は術後に放射線照射を受けた。また、リンパ節転移が陽性だった人は、両群ともに1976年から術後化学療法を受けた。

 最長29年間、中央値で20年間追跡したところ、手術を受けた方の(同側の)乳房における乳癌再発率は、乳房を取り去ったハルステッド手術群(349人)の方が有意に低くなった。20年間の同側再発率は、ハルステッド手術群が2.3%、4分の1切除術群(352人)が8.8%となった。

 しかし、対側乳房での発癌率や遠隔転移率などには、両群で差がないことが判明。総死亡率も両群間で差がないまま推移し、20年間の総死亡率はハルステッド手術群が41.2%、4分の1切除術群が41.7%だった。

 もう一つの長期成績は、1976年にアメリカでスタートした「B-06」試験。臨床病期が1〜2で、腫瘍直径が4cm未満の早期乳癌患者1851人を対象とした。比較した術式は、1.乳房を全摘、リンパ節を切除するが胸筋は残す「胸筋保存乳切」、2.腫瘍のみをくり抜きリンパ節は残す「くり抜き法」、3.くりぬき法実施後に放射線照射−−の三つ。長期成績は最低20年間追跡できた人、あるいはそれ以前に亡くなった人(全体の69%)でのみ評価したが、解析患者の比率に群間の差はなかった。

 その結果、同側乳房での乳癌再発率は、くりぬき法後に放射線照射を受けた群(628人)が14.3%、受けなかった群(634人)が39.2%で、放射線照射が同側での局所再発を有意に防ぐことが判明。しかし、無病生存率、無転移生存率と総死亡率のいずれも、この3群間で差が認められなかった。放射線照射はやや生命予後などを改善する傾向がみられたが、有意な差とはならなかった。

 今回発表された長期成績が示すのは、ハルステッド手術であれ胸筋保存乳切であれ、乳房を全摘する手術が「長い目で見れば生命予後が良い」との仮説が成り立たないということだ。

 これらの試験では、約10年追跡した時点で「差がない」ことが報告されていたが、当時は「さらに長期にみなければわからない」との反論も出されていた。今回の20年成績の発表で、この問題にようやく最終決着が付いたと言えそうだ。

 イタリアで行われた研究論文のタイトルは、「Twenty-Year Follow-up of a Randomized Study Comparing Breast-Conserving Surgery with Radical Mastectomy for Early Breast Cancer」。アブストラクトは、こちらまで。米国の「B-06」試験に関する論文のタイトルは、「Twenty-Year Follow-up of a Randomized Trial Comparing Total Mastectomy, Lumpectomy, and Lumpectomy plus Irradiation for the Treatment of Invasive Breast Cancer」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:143
  3. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:175
  4. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:147
  5. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:212
  6. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  7. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:174
  8. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:55
  9. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:107
  10. 身体障害を克服して信玄に仕えた 山本勘助 病と歴史への招待 FBシェア数:1
医師と医学研究者におすすめの英文校正