2002.10.18

【日本高血圧学会速報】 健康標語「一無二少三多」、高血圧ではブレスローの七つの健康習慣より適切

 健康標語「一無二少三多」で示されている6項目のうち、3項目以上を実行している人はそうでない人より血圧値が有意に低い−−。東京慈恵会医科大学健康医学センターの和田高士氏らが10月13日、日本高血圧学会のポスターセッションで発表した。同氏は、健康標語として有名なブレスローの七つの健康習慣だと、その項目を実行している人ほど高血圧になるとの結果を、11日のポスターセッションで示しており(関連トピックス参照)、今後、日本人の健康習慣としてふさわしい項目を再検討する必要もありそうだ。

 「一無二少三多」は、同センターが数年前から提唱している健康標語。「一無」は無煙(喫煙本数がゼロ)を、「二少」は少食(食事量が多くない)と少酒(1日2合未満)を、「三多」は多動(運動を定期的に週1回以上行っている)と多休(仕事をしない休日が1カ月に6日以上)、多接(多くのものや人に接しストレスを発散している)をそれぞれ意味する。

 和田氏らは、問診と測定結果を基に、これらの6項目の実行数と血圧値の関係を調べた。調査対象は、同センターの人間ドックを2001年に受診した人のうち、高血圧の治療を受けている人を除いた6677人(男性5173人、女性1504人、平均年齢46.6歳)。今回の対象は、ブレスローの七つの健康習慣について検討した対象と同じ。

 六つの健康習慣の実行数別に血圧値をみた結果、三つ以上実行している人の収縮期/拡張期血圧値は118.4/74.4mmHg、二つ以下しか実行していない人は121.0/76.0mmHg。三つ以上実行している人の血圧は、そうでない人よりともに有意に低かった。また、多変量解析を行うと、六つの項目のうち、高血圧との相関が高かったのは少酒、多動、多接だった。

 ブレスローの七つの健康習慣と「一無二少三多」で血圧値との相関が異なったことについて、和田氏は、「『一無二少三多』には、ブレスローの七つの健康習慣にはない、ストレス解消(精神面)に関する項目が入っているので、血圧との相関が認められたのではないか」との考えを示した。さらに、「今後、高脂血症や糖尿病などでも、一無二少三多という健康標語が適切かどうかを同様に調べていきたい」と語った。

■関連トピックス■
◆2002.10.15 日本高血圧学会速報】
ブレスローの七つの健康習慣、あてはまる項目が多いほど実は高血圧



------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
全国共通図書券(500円分) ・・・500名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正