2002.10.15

【日本高血圧学会速報】 随時血圧測定では自動血圧計が一番、自由行動下血圧との相関大

 24時間自由行動下血圧(ABP)と最もよく相関する随時血圧測定法は、自動血圧計−−。これは、7年間にわたる経過観察によって明らかになった結果だ。駿河台日本大学病院循環器科の浅井貴絵氏らが10月11日、日本高血圧学会の一般口演で発表した。

 この研究の対象としたのは、ある大学の教職員(全580人)で健康診断を受診した人のうち、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHgであり、降圧薬を含め常用薬の服用歴がなく、明らかな内科疾患が認められなかった60人。

 随時血圧の測定については、医師による水銀血圧計を用いた聴診法、看護師による水銀血圧計を用いた聴診法、看護師が装着した自動血圧計の3通りで、無作為の順に測った。7年間にわたり非薬物療法を指導し、経年的に血圧を測定してきた。

 薬物療法の導入などで脱落した8人を除く52人(男性41人、女性11人、開始時年齢は平均42歳)のデータを分析。その結果、初年度の随時血圧値と7年間のABPの平均値の間で相関をみると、自動血圧計が収縮期血圧だと単相関係数r=0.501(p<0.001)、拡張期血圧だとr=0.611(p=0.0001)で、最も相関していた。なお、看護師の場合、収縮期はr=0.363(p<0.01)、拡張期はr=0.478(p<0.001)、また、医師の場合、収縮期はr=0.256(有意な相関なし)、拡張期はr=0.321(p<0.05)だった。

 浅井氏は、「看護師が装着した自動血圧計による随時血圧の測定が、長期の血圧平均値の指標として最も優れていると考えられる」と述べた。


------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
全国共通図書券(500円分) ・・・500名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 女性医師に出会いを提供する「女医コン」とは Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:174
  2. 「資格を取得してから開業」のはずが… 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  3. 「患者への説明」に時間を充てすぎてはいけない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:588
  4. 80歳女性。意識障害 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  5. 僕らは40歳までに下らなければいけない 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:37
  6. 結核性脳脊髄膜炎で夭逝した中原中也 病と歴史への招待 FBシェア数:112
  7. 吐き気と微妙な心電図、先生の判断は? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:0
  8. 52歳男性。右顔面痛 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. キラキラ系女医とのデートにおけるコツと注意点 迷走外科医のこじらせ幸福論 FBシェア数:0
  10. 学会が「推奨しない検査」はコレ! 特集◎検査の賢い減らし方《Choosing Wiselyとは》 FBシェア数:769