2002.10.15

【日本高血圧学会速報】 随時血圧測定では自動血圧計が一番、自由行動下血圧との相関大

 24時間自由行動下血圧(ABP)と最もよく相関する随時血圧測定法は、自動血圧計−−。これは、7年間にわたる経過観察によって明らかになった結果だ。駿河台日本大学病院循環器科の浅井貴絵氏らが10月11日、日本高血圧学会の一般口演で発表した。

 この研究の対象としたのは、ある大学の教職員(全580人)で健康診断を受診した人のうち、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHgであり、降圧薬を含め常用薬の服用歴がなく、明らかな内科疾患が認められなかった60人。

 随時血圧の測定については、医師による水銀血圧計を用いた聴診法、看護師による水銀血圧計を用いた聴診法、看護師が装着した自動血圧計の3通りで、無作為の順に測った。7年間にわたり非薬物療法を指導し、経年的に血圧を測定してきた。

 薬物療法の導入などで脱落した8人を除く52人(男性41人、女性11人、開始時年齢は平均42歳)のデータを分析。その結果、初年度の随時血圧値と7年間のABPの平均値の間で相関をみると、自動血圧計が収縮期血圧だと単相関係数r=0.501(p<0.001)、拡張期血圧だとr=0.611(p=0.0001)で、最も相関していた。なお、看護師の場合、収縮期はr=0.363(p<0.01)、拡張期はr=0.478(p<0.001)、また、医師の場合、収縮期はr=0.256(有意な相関なし)、拡張期はr=0.321(p<0.05)だった。

 浅井氏は、「看護師が装着した自動血圧計による随時血圧の測定が、長期の血圧平均値の指標として最も優れていると考えられる」と述べた。


------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
全国共通図書券(500円分) ・・・500名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 新天地を目指すベテラン50代医師たちの事情 トレンド◎増える50歳代のキャリアチェンジ FBシェア数:8
  2. 7カ月女児。喘鳴、活気不良、顔色不良 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. 指導医療官から「犯罪者扱い」された院長 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:0
  4. DNARの落とし穴 Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:309
  5. よく使う睡眠薬、マイスリーがシェアを拡大 NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 「株主優待」目当ての投資では資産は増えない Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:31
  7. 高齢2型糖尿病患者の薬剤選択、どう判断する? 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:238
  8. 高齢者対象の高血圧診療ガイドライン完成 NEWS FBシェア数:391
  9. いよいよ始まる「看護師による死亡確認」 トレンド◎厚労省が遠隔死亡診断のガイドライン FBシェア数:1639
  10. 起立性調節障害に対する漢方の効果は? 富野浩充の「当直室からこんばんは」 FBシェア数:20