2002.10.12

【日本高血圧学会速報】 末期腎不全患者の高血圧治療、心機能の保護には腎機能が犠牲に

 末期腎不全のために腹膜透析を導入した82人の透析患者を長期追跡した研究で、降圧治療により収縮期血圧が20mmHg以上低下した人では、心機能は改善するが残存腎機能はむしろ低下することがわかった。10月12日の一般口演で、埼玉医科大学腎臓内科の中元秀友氏らが報告した。透析患者の血圧管理を行う医師は、今後「心臓と腎臓のどちらを優先するか」という、悩ましい問題に直面することになりそうだ。

 透析患者は脳卒中などの心血管疾患で死亡することが多く、生命予後の改善のためには血圧管理が重要だと考えられている。しかし、透析患者の場合、「血圧をどこまで下げるか」という指標は現時点では確立されていない。そこで中元氏らは、非糖尿病性の腎障害により腹膜透析を開始した末期腎不全患者82人を3年間追跡。カルシウム拮抗薬またはβ遮断薬を基礎薬に、必要に応じて利尿薬を付加して厳格な血圧管理を行い、降圧の幅によって心機能や残存腎機能がどう変わるかを調べた。

 対象患者の平均年齢は56.3歳で、平均収縮期血圧は163mmHg。3年目に外来収縮期血圧が当初より20mmHg以上下がった人(降圧群)は46人、そこまでは下がらなかった人(非降圧群)は36人だった。降圧群の平均降圧幅は約24mmHg、非降圧群は約16mmHgで、3年目の収縮期血圧は降圧群が140mmHg、非降圧群が144mmHgだった。

 心機能に関して降圧群と非降圧群を比べると、左室駆出力(EF)は降圧群で約10%、非降圧群で約5%改善しており、改善幅が降圧群で有意に大きいことが判明(p<0.01)。心エコーで評価した左室重量係数(LVMI)も、3年目に降圧群でのみ有意な減少が認められ、「20mmHg以上の降圧が心機能を改善する」ことが確認できた。

 ところが、1日当たりの尿量は、降圧群で3年間に約440ml減少し、非降圧群の減少量(約270ml)よりも有意に多いことが判明(p<0.01)。腎機能を反映するクレアチニンクリアランス(Ccr)で評価した場合も同様で、降圧群では非降圧群と比べ、有意に残存腎機能が低下することが明らかになった。

 中元氏らは「CAPD患者の場合、血圧を140/85mmHg以下にまで十分に降圧すれば、心機能が改善される。しかし、透析導入後の急激な降圧は残存腎機能の有意な低下につながり得る」と結論。生命予後を考えるなら心保護を優先すべきだが、「はたしてそれでいいのか悩んでいる」と中元氏は述べた。


------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
全国共通図書券(500円分) ・・・500名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医学書を安く買う方法・高く売る方法 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:24
  2. ガイドラインではエコー、現場では… 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:148
  3. 「これ以上は無益」と言えない気持ちも伝えよう 国立病院機構東京医療センター倫理サポートチームの尾藤誠司氏に聞く FBシェア数:211
  4. 医師達はいかにして検察を騙してきたか 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:0
  5. 訪日外国人が突いた医療保険制度の隙 記者の眼 FBシェア数:221
  6. 成人敗血症患者に対する解熱治療は死亡率を低下させ… Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:68
  7. 認知症700万人時代、数少ない収入アップの道 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:21
  8. 医師偏在対策、第7次医療計画への反映目指す 女性医師支援や外来医療の最適化、遠隔診療の推進も課題 FBシェア数:62
  9. 終末期にどこまで抗菌薬を使用すべきか シリーズ◎在宅医療における感染対策(4) FBシェア数:599
  10. 「重症なんだから優先して!」怒る家族の真意は 家族支援CNSの「家族対応」お悩み相談 FBシェア数:19