2002.10.12

【日本高血圧学会速報】 減量による降圧、飽和脂肪酸の摂取量減少が鍵に

 「食事中の脂質を減らす」という食事療法で、体重だけでなく血圧も下がった人では、脂質のうち飽和脂肪酸のみを減らしていたことがわかった。肥満気味の中高年女性135人を対象とした3カ月間の介入試験による。降圧も視野に入れた減量を行う場合は、ただ脂質を減らすだけではなく、脂質の質も含めた食事指導が重要と言えそうだ。この研究結果は、中村学園大学栄養科学部の伊藤和枝氏らが、10月11日の一般口演で発表した。

 伊藤氏らは、特に降圧薬などを服用しておらず血糖値も正常範囲の、肥満気味の健常女性135人を対象に、栄養と運動による減量指導を実施。3カ月後の体重や血圧などを評価した。参加者の平均年齢は47歳で平均体格指数(BMI)は29.2。平均血圧はおよそ130/70mmHgだった。

 この介入で、3カ月後の体重は平均3.0kg減少。しかし、血圧が下がったのは全体の3分の2の人だけだった。血圧が下がった人では、平均血圧で9mmHgの有意な低下が認められたが、下がらなかった人では逆に2mmHg上昇していた。血圧が下がった人と下がらなかった人とで、体重の低下幅に違いはなく、運動量も同程度だった。

 同じようにやせたのに、血圧が下がった人と下がらなかった人とでは何が違うのか−−。そう考えた伊藤氏らは、血中インスリン値やインスリン抵抗性指数(HOMA)を測定した。すると、血中インスリン値(糖負荷試験後2時間までのインスリン値の総和=ΣIRI)は両群とも下がっていたが、HOMAは降圧群でのみ下がっており、非降圧群では介入前とほとんど変わらなかった。

 そこで伊藤氏らは、食事中の脂質量や脂質の質をチェックした。すると、両群とも食事指導の後は、脂質量をほぼ4分の1減らしており、血圧が下がった人では主に飽和脂肪酸を減らしていた。ところが、血圧が下がらなかった人では、飽和脂肪酸だけでなく不飽和脂肪酸の摂取量も減らしていたことがわかった。

 さらに、別の健常女性群に連続8日間、飽和脂肪酸比率の高い高脂肪食(SMP比が5:4:1、総エネルギーに占める脂質比率30%)を食べてもらったところ、インスリン抵抗性が有意に上昇することが確認できた。インスリン抵抗性の上昇には、飽和脂肪酸の摂取量が、総エネルギーよりも強く関与していたという。

 肥満による血圧上昇にはインスリン抵抗性の亢進が関与しているとされるが、「インスリン抵抗性を改善して血圧を下げるためには、単に食事中の脂質比率を減らして総エネルギーを下げるより、脂質のうち飽和脂肪酸の比率を減らす方が有効ではないか」と伊藤氏は述べた。


------------------------------------------------------------------------
◆「高血圧治療に関する調査」ご協力のお願い

 MedWaveは日本高血圧学会の開催を機に、「高血圧治療に関する調査」を実施しています。医療現場の第一線で活躍されている先生方に、高血圧治療の方法や考え方、降圧薬の処方経験、高血圧治療に関する情報ニーズなどをお伺いし、高血圧治療の実態を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWave上で紹介する予定です。
 ご多忙のところ恐縮ですが、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 アンケート画面は --> こちらから

 なお、ご協力いただいた方の中から抽選で下記の商品を差し上げます。アンケートの最後で、ご希望される商品をお選びください。

応募者の中から抽選で以下のものをプレゼントさせていただきます。
5万円分の全国共通ギフト券 ・・・1名様
1万円分の全国共通ギフト券 ・・・5名様
2千円分の全国共通ギフト券 ・・・25名様
全国共通図書券(500円分) ・・・500名様
------------------------------------------------------------------------

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:467
  2. 日野原先生からいただいた二つの“謎”の言葉 佐藤綾子氏(ハリウッド大学院大学客員教授)に聞く FBシェア数:2
  3. 看護師がI.C.に同席し患者の理解をサポート 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編3》 FBシェア数:14
  4. 主訴「ちんちん痒い」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:170
  5. 三環系抗うつ薬:うつ以外への処方も広がる NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  6. 全身脱力の26歳男性の診断は? 徳田闘魂道場にようこそ〜国家試験と臨床との架け橋〜 FBシェア数:3
  7. 非専門領域の新薬、いつから使う? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:4
  8. 説明同意文書に死亡リスクを具体的に記載 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編2》 FBシェア数:62
  9. 裁判所が求めるインフォームド・コンセントとは 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:144
  10. 主治医は言い訳をせずに真実をしっかり伝えよ 特集◎医療訴訟の落とし穴《対応編1》 FBシェア数:146