2002.10.09

スタチン投与でCK値正常でもミオパシー発症、4例が報告

 HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン系薬)を用いた臨床試験の参加者を対象とした解析で、クレアチンキナーゼ(CK)値は正常範囲であるにも関わらず、ミオパシーを発症した患者が4例確認された。患者は筋肉痛や脱力感などのミオパシー様症状を呈しており、筋組織の生検でミオパシーとの診断が確定された。さらに、断薬後の生検ではミオパシーが認められなかったという。この報告は、Annals of Internal Medicine誌10月1日号に掲載された。

 ミオパシーは、筋肉の痛みや筋力低下、CK値やミオグロビン値などの上昇を特徴とする筋肉障害。スタチン系薬の副作用としてもまれに生じ得ることが知られている。そのため、スタチン系薬服用中の患者が、広範な筋肉痛などのミオパシー様症状を訴えた場合は、CK値などを測定して発症の有無を判断するよう推奨されていた。

 今回の報告は、ミオパシーの発症を診断する上で、CK値が役に立たない場合もあり得ることを示すもの。症例を報告した研究グループは、「スタチンを服用中の患者では、たとえCK値が正常でも、ミオパシーを起こしていることがある」と注意を促している。

 この論文のタイトルは、「Statin-Associated Myopathy with Normal Creatine Kinase Levels」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1707
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:198
  3. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:14
  4. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:33
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:113
  6. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  7. 無症候性甲状腺機能低下にレボチロキシンは不要 NEJM誌から FBシェア数:1
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:110
  9. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:53
  10. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:175