2002.10.01

持田製薬と日本ケミカルリサーチ、トロンボモジュリンの製造承認申請を取り下げ

 持田製薬と日本ケミカルリサーチは9月27日、汎発性血管内凝固症(DIC)治療薬のトロンボモジュリン(開発コード:MR-33、予定商品名:トロジュリン)の製造承認申請を取り下げると発表した。昨年9月に行った製造承認申請で提出した、第3相試験の設計および結果が不十分との指摘を受けたため。

 トロンボモジュリンは血管内皮細胞の膜蛋白。内皮細胞の障害などをきっかけに血液中に遊離し、トロンビンと結合して凝固活性を失わせ、同時に抗凝固作用を持つプロテインCを活性化させる。DICは血液の線溶系バランスが崩れ、全身の血管内に血栓を生じて多臓器不全を生じたり、逆に出血が全身性に生じたりする病態。これまで有効性の高い治療手段がなく、同薬には高い期待が持たれていた。わが国におけるDIC患者数は年間7万3000人程度と見積もられている。

 両社は当初、2003年9月にもトロンボモジュリンを発売し、ピーク時で年間100億円程度の売上げを見込んでいたが、今回の製造承認申請取下げで上市予定時期が遅れることは確実となった。両社は今後、追加試験の実施も含めたトロンボモジュリンの開発方針を再検討する。この件に関するニュース・リリースは、こちら(PDF形式)まで。
 
■ 参考トピックス ■
◆ 2002.6.11 米国Eli Lilly社と帝人、日本での組換え活性型プロテインCの開発ライセンス契約を締結

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. なぜ広がらない?看護師特定行為研修制度 リポート◎10年で10万人目指すも、1年半で583人… FBシェア数:15
  2. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  3. 「今すぐ英語で診断書を書いて!」と言われたら 小林米幸の外国人医療奮闘記 FBシェア数:3
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:950
  5. 解雇された職員、撤回求め院長に交渉を要求 開業の落とし穴 FBシェア数:1
  6. 医師を待たずに緊急時のカテーテル交換 ケーススタディー◎訪問看護ステーション愛美園(茨城県桜川市) FBシェア数:20
  7. 病院全損の理事長が今語る、被災病院が歩むいばらの… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:5
  8. 看護師特定行為研修、制度見直しに向け検討へ 開始から1年半、研修修了者が増えない実態を踏まえ FBシェア数:143
  9. 74歳女性。労作時呼吸困難 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  10. 郵送も可能なウェアラブル機器で心房細動を検出 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:54