2002.09.27

子供の段階からCRP高値がアテロームの進展に関与か

 代表的な炎症マーカーであるC反応性蛋白(CRP)値が高い子供ほど、頸動脈壁が厚く、同時に、上腕動脈の内皮依存性血管拡張反応(FMD)値が低いことがわかった。フィンランドTurku大学中央病院のOlli T. Raitakari氏らが9月2日(現地時間)、欧州心臓学会(ESC)でポスター発表した。成人では、CRP値は心疾患イベントの予測因子の一つとされ、内皮機能不全や頸動脈壁厚との関連が指摘されているが、子供についてはこれまで調べられていなかった。

 同氏らは、健康な子供79人(平均年齢11歳、男女比はほぼ半々)をCRP値によって3群に分け、高解像度の超音波装置を使ってFMD値や内膜中膜複合体肥厚度(IMT)などを測定した。第1群は0.1mg/l未満の子供(40人)、第2群は0.1mg/l以上0.7mg/l以下の子供(20人)、第3群は0.7mg/lより高い子供(19人)。

 試験対象者の背景については、各群間で年齢や総コレステロール、中性脂肪、上腕動脈径などは差はなかったが、体脂肪指数(BMI)はCRP高値になるほど高かった。急性感染症への罹患を示す10mg/lを超える子供はおらず、また、試験前の2週間、感染症状を呈した子供も含まれていない。

 測定した結果、FMD値については、第1群が9.0%、第2群が7.8%、第3群が6.5%で、CRP高値ほど有意に低下していた(p=0.018)。また、IMTについては、平均値は順に0.41mm、0.42mm、0.44mm、最大値は順に0.45mm、0.46mm、0.49mmで、ともに大きくなる傾向があった(それぞれp=0.012、0.014)。なお、p値に関しては、年齢、性別、BMI、総コレステロール値、高比重リポ蛋白(HDL)コレステロール値、平均血圧などで補正済み。

 Raitakari氏は、「健康な子供において、CRPは血管の内皮機能の減少と内膜中膜厚の増大に関連していた。これは、CRPがアテロームの初期段階の進展に関わっている可能性があることを示唆している」と語った。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 息子が中学受験、それでも地方に転職した医師の決断 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:6
  2. 近所で有名な「怖い看護師さん」の処遇に悩む 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:1
  3. 娘のかかりつけ医選びで知った最近の小児科事情 記者の眼 FBシェア数:93
  4. 医師国試の合格率は88.7%、大学別合格率は? 8533人の新医師が誕生、合格率は90%を切る FBシェア数:1788
  5. これで確定申告できるの? 頼りない税理士に怒り 開業の落とし穴 FBシェア数:2
  6. 梅毒かも、結果が出るまではエッチ厳禁で 井戸田一朗の「性的マイノリティの診療日誌」 FBシェア数:49
  7. 臨床研究法が臨床研究を撲滅する 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:9
  8. その免疫療法、本当に推奨できますか? トレンド◎あらゆる癌免疫療法に言及した日本初のガイドライン発行 FBシェア数:407
  9. 患者の同意なく雇用先に診療情報漏示は違法 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  10. はしかを診たこと、ありますか? わかる!院内感染対策 FBシェア数:84