2002.09.27

子供の段階からCRP高値がアテロームの進展に関与か

 代表的な炎症マーカーであるC反応性蛋白(CRP)値が高い子供ほど、頸動脈壁が厚く、同時に、上腕動脈の内皮依存性血管拡張反応(FMD)値が低いことがわかった。フィンランドTurku大学中央病院のOlli T. Raitakari氏らが9月2日(現地時間)、欧州心臓学会(ESC)でポスター発表した。成人では、CRP値は心疾患イベントの予測因子の一つとされ、内皮機能不全や頸動脈壁厚との関連が指摘されているが、子供についてはこれまで調べられていなかった。

 同氏らは、健康な子供79人(平均年齢11歳、男女比はほぼ半々)をCRP値によって3群に分け、高解像度の超音波装置を使ってFMD値や内膜中膜複合体肥厚度(IMT)などを測定した。第1群は0.1mg/l未満の子供(40人)、第2群は0.1mg/l以上0.7mg/l以下の子供(20人)、第3群は0.7mg/lより高い子供(19人)。

 試験対象者の背景については、各群間で年齢や総コレステロール、中性脂肪、上腕動脈径などは差はなかったが、体脂肪指数(BMI)はCRP高値になるほど高かった。急性感染症への罹患を示す10mg/lを超える子供はおらず、また、試験前の2週間、感染症状を呈した子供も含まれていない。

 測定した結果、FMD値については、第1群が9.0%、第2群が7.8%、第3群が6.5%で、CRP高値ほど有意に低下していた(p=0.018)。また、IMTについては、平均値は順に0.41mm、0.42mm、0.44mm、最大値は順に0.45mm、0.46mm、0.49mmで、ともに大きくなる傾向があった(それぞれp=0.012、0.014)。なお、p値に関しては、年齢、性別、BMI、総コレステロール値、高比重リポ蛋白(HDL)コレステロール値、平均血圧などで補正済み。

 Raitakari氏は、「健康な子供において、CRPは血管の内皮機能の減少と内膜中膜厚の増大に関連していた。これは、CRPがアテロームの初期段階の進展に関わっている可能性があることを示唆している」と語った。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127