2002.09.25

西ナイルウイルス感染でポリオを発症、NEJM誌が症例を早期公開

 New England Journal of Medicine(NEJM)誌は9月23日、西ナイルウイルスへの感染により、ポリオ(急性灰白髄炎)を発症したと考えられる患者4人の症例報告を早期公開した。西ナイルウイルス感染は蚊が媒介する感染症で、人が感染すると脳炎などを引き起こすことが知られているが、ポリオの発症報告は初めて。

 西ナイルウイルス感染症は、夏の終わりから秋にかけてが流行期。1999年以来、米国で流行が続いており、流行地域も東部から中西部へと広がりつつある。NEJM誌では、今がまさに流行期であることに加え、臨床的な重要性を鑑みて症例の早期公開を行った。日本からの旅行者にとっても注意が必要となりそうだ。

 患者はいずれも50歳代の男女で、頭痛や発熱などに引き続いて筋肉の脱力感を訴えており、骨髄液中などに抗西ナイルウイルス抗体が確認された。うち一人では、電気生理学的な検査で脊髄の前角細胞が侵されていることがわかり、病理学的にもポリオであることが確かめられたという。

 ポリオは主に、ポリオウイルスなどのエンテロウイルスにより引き起こされると考えられており、西ナイルウイルスなどのフラビウイルスによる発症例は報告されていない。論文では、西ナイルウイルスによるポリオが、これまでは症状の似ているギラン・バレー症候群と“誤診”されてきた可能性を指摘している。

 早期公開された症例報告2報と論説は、こちらから入手できる。これらの論文は、NEJM誌10月17日号に掲載される予定。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172