2002.09.24

抗うつ薬塩酸デュロキセチン、米国で近く承認

 米国Eli Lilly社はこのほど、同社が抗うつ薬として承認申請していた塩酸デュロキセチン(米国での予定商品名:Cymbalta)について、米国食品医薬品局(FDA)から承認見込み通知書を受け取ったと発表した。添付文書の記載内容や製造面などの課題が解決した段階で販売承認される見込み。

 塩酸デュロキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と類似した作用機序を持つ、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)。臨床試験ではプラセボと比べ、1日60mgの服用量で、3倍の患者でうつ症状の寛解が認められたという。

 わが国では塩野義製薬が臨床開発を行っており、現在追加試験中(関連トピックス参照)。この件に関するEli Lilly社のニュース・リリースは、こちらまで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.8.29 塩野義製薬、承認申請中の抗うつ薬塩酸デュロキセチンに追加試験

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13