2002.09.24

抗うつ薬塩酸デュロキセチン、米国で近く承認

 米国Eli Lilly社はこのほど、同社が抗うつ薬として承認申請していた塩酸デュロキセチン(米国での予定商品名:Cymbalta)について、米国食品医薬品局(FDA)から承認見込み通知書を受け取ったと発表した。添付文書の記載内容や製造面などの課題が解決した段階で販売承認される見込み。

 塩酸デュロキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と類似した作用機序を持つ、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)。臨床試験ではプラセボと比べ、1日60mgの服用量で、3倍の患者でうつ症状の寛解が認められたという。

 わが国では塩野義製薬が臨床開発を行っており、現在追加試験中(関連トピックス参照)。この件に関するEli Lilly社のニュース・リリースは、こちらまで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.8.29 塩野義製薬、承認申請中の抗うつ薬塩酸デュロキセチンに追加試験

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「医療訴訟がとにかく怖いんです!」 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:1
  2. キャラクターで抗菌薬を覚える!? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:41
  3. 39歳男性。両下肢のしびれ、痛み 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  4. 立て続けにレセプト査定、今講じるべき対策は? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:2
  5. ビギナーの助手は「術野展開」への専念が大切 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:15
  6. CKDの原因に便秘 便秘薬に腎保護作用 Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:4
  7. 関節リウマチの原因は腸内細菌の乱れ Unmet Medical Needs 2017 秋 FBシェア数:68
  8. 地裁が「パワハラで解雇は無効」 群馬大医学系研究科教授の懲戒解雇処分 FBシェア数:3
  9. 再発膀胱癌で生じた発汗、動悸、呼吸困難 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  10. 超拡大内視鏡とAIの活用で大腸癌リンパ節転移の予… 学会トピック◎JDDW2017 FBシェア数:6