2002.09.20

日本赤十字社が見解、新鮮凍結血漿の目的外使用を把握したのは7月

 日本赤十字社はこのほど、瀬田クリニックグループへの新鮮凍結血漿の出荷停止に関する取材に対して、3年以上にわたって供給し続けていたにも関わらずここにきて供給停止を打ち出したのは、「輸血用血漿を、癌患者の自己リンパ球を投与する前に増殖させるための培養液として使用していたことが判明したため」と説明。その事実を日赤が把握したのは、7月11日の訪問調査時点だったことを明らかにした。この点については、瀬田クリニックグループが8月17日に公表した見解で、「(培養液としての使用は)当初から日赤の了解のもとだった」旨の説明をしており、両者の言い分は対立している。

 日赤はまた、新鮮凍結血漿を目的外に使用していた医療機関は、瀬田クリニックグループの2施設以外に、4都道府県で5施設あったことも明らかにした。全国の赤十字血液センターを通じて調査したもので、この5医療機関に対しても培養液としての使用中止を申し入れ、その後発注がないことを確認しているという。

 日赤が説明した供給停止に至る経緯によると、神奈川県赤十字血液センター管内にある新横浜メディカルクリニックから、AB型新鮮凍結血漿5単位の発注が2002年3月から毎月増加し、7月には60本に達したという。このため7月11日に同クリニックを訪問調査したところ、目的外使用を把握、同グループの瀬田クリニックでも同様の目的外使用が判明したという。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172