2002.09.20

日本赤十字社が見解、新鮮凍結血漿の目的外使用を把握したのは7月

 日本赤十字社はこのほど、瀬田クリニックグループへの新鮮凍結血漿の出荷停止に関する取材に対して、3年以上にわたって供給し続けていたにも関わらずここにきて供給停止を打ち出したのは、「輸血用血漿を、癌患者の自己リンパ球を投与する前に増殖させるための培養液として使用していたことが判明したため」と説明。その事実を日赤が把握したのは、7月11日の訪問調査時点だったことを明らかにした。この点については、瀬田クリニックグループが8月17日に公表した見解で、「(培養液としての使用は)当初から日赤の了解のもとだった」旨の説明をしており、両者の言い分は対立している。

 日赤はまた、新鮮凍結血漿を目的外に使用していた医療機関は、瀬田クリニックグループの2施設以外に、4都道府県で5施設あったことも明らかにした。全国の赤十字血液センターを通じて調査したもので、この5医療機関に対しても培養液としての使用中止を申し入れ、その後発注がないことを確認しているという。

 日赤が説明した供給停止に至る経緯によると、神奈川県赤十字血液センター管内にある新横浜メディカルクリニックから、AB型新鮮凍結血漿5単位の発注が2002年3月から毎月増加し、7月には60本に達したという。このため7月11日に同クリニックを訪問調査したところ、目的外使用を把握、同グループの瀬田クリニックでも同様の目的外使用が判明したという。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:594
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:66
  3. 何気ない言葉の効果 じたばたナース FBシェア数:3
  4. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:351
  5. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:72
  6. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:531
  7. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:481
  8. 見逃し注意!コニール分2の適応違い セキララ告白!個別指導 FBシェア数:36
  9. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  10. 左主冠動脈狭窄ではCABGがPCIに勝る Lancet誌から FBシェア数:153