2002.09.12

WHOが325の必須薬剤に関する処方ガイドを発行、適正用量や副作用、禁忌など盛り込む

 世界保健機関(WHO)は9月4日、325種のWHO必須薬剤モデルリスト(WHO Model List of Essential Drugs)に関する、適正な処方用量、副作用、禁忌や服用に関する注意点などを盛り込んだ、初めての「WHO Model Formulary」を発行した。WHOは、この処方ガイドは科学的根拠のみに基づいて作成したもので、各国が独自の処方ガイドラインを作る基礎にして欲しいとしている。

 特に発展途上国では、薬の処方に関する情報は製薬会社の広告に限られている場合が多く、医療従事者や患者が公正な情報を入手することは難しいという。そこで、今回のModel Formularyを活用することで、そうした地域における無駄な投与を減らすと同時に、服用の安全性も上げることが期待されている。先進国でもまた、医療保険による支払い対象となる薬の処方量などを検討する際に役立ちそうだ。

 WHO Model Formularyは、インターネット上、www.who.int/medicines]から入手することができる。詳しくはWHOによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  2. 「運転禁止薬」の運転一律規制はおかしい 学会トピック◎第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:389
  3. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  4. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:220
  5. 70歳男性。主訴:全身の掻痒感と褐色尿 総合内科BASICドリル FBシェア数:1
  6. オペ室マジック 病院珍百景 FBシェア数:0
  7. 便潜血陽性者は早めに内視鏡検査受けるべき JAMA誌から FBシェア数:100
  8. 「酸味が嫌い」な患者のBMIとHbA1cは高い 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:9
  9. エレベーター横のモニターが医師の事務負担減 特集◎医師こそ働き方改革を《事例−1》 FBシェア数:165
  10. 一期一会の患者でも経過に注目してみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:33