2002.09.12

WHOが325の必須薬剤に関する処方ガイドを発行、適正用量や副作用、禁忌など盛り込む

 世界保健機関(WHO)は9月4日、325種のWHO必須薬剤モデルリスト(WHO Model List of Essential Drugs)に関する、適正な処方用量、副作用、禁忌や服用に関する注意点などを盛り込んだ、初めての「WHO Model Formulary」を発行した。WHOは、この処方ガイドは科学的根拠のみに基づいて作成したもので、各国が独自の処方ガイドラインを作る基礎にして欲しいとしている。

 特に発展途上国では、薬の処方に関する情報は製薬会社の広告に限られている場合が多く、医療従事者や患者が公正な情報を入手することは難しいという。そこで、今回のModel Formularyを活用することで、そうした地域における無駄な投与を減らすと同時に、服用の安全性も上げることが期待されている。先進国でもまた、医療保険による支払い対象となる薬の処方量などを検討する際に役立ちそうだ。

 WHO Model Formularyは、インターネット上、www.who.int/medicines]から入手することができる。詳しくはWHOによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 専門医制度も働き方改革も、好きにしてくださいな(… 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:99
  2. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:85
  3. カンマの打ち方で意味が全く変わりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:20
  4. 日本脳神経外科学会がNCDから離脱したワケ 非手術症例も登録する独自データベースの運用を開始 FBシェア数:53
  5. 医療事故調の院内調査に弁護士の介入は要らない シリーズ◎どうする医療事故調制度 FBシェア数:33
  6. 心筋梗塞患者のせん妄治療に何を使う? BMJ誌から FBシェア数:160
  7. 血液ガス生理のバイブル 医学書ソムリエ FBシェア数:6
  8. 急性膵炎 動画で学ぶ腹部エコー診療の実際 FBシェア数:8
  9. 腹腔鏡ではなくロボット手術でお願いします 記者の眼 FBシェア数:24
  10. 胸部CTの読影では肺外にも注意する 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:16
医師と医学研究者におすすめの英文校正