2002.09.12

大正製薬、糖尿病などの治療薬「INS-1」の開発を中止

 大正製薬は9月11日、米国のバイオベンチャーであるInsmed社から導入した新規インスリン感受性増強薬、INS-1(開発コード)の開発を中止したと発表した。米国で両社が共同で実施、このほど終了した第2相臨床試験で、期待した成果が得られなかったため。

 INS-1は糖の代謝活性化酵素の機能を調整するイノシトール・グリカン類化合物。インスリンに対する感受性を増強する効果があるため、2型糖尿病や、インスリン分泌量の低下が関与するとされる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療薬候補として期待されていた。大正製薬は2000年7月にInsmed社とINS-1の共同開発契約を結び、日本・アジアでの開発・販売権を保有していた。

 Insmed社の発表によると、2型糖尿病患者を対象とした第2相試験では、安全性や忍容性は認められたものの、効果に関する1次評価項目で統計学的な有意差が出なかった。また、PCOS患者を対象とした第2租試験でも同様に、安全性や忍容性はあるが効果に関する1次評価項目に有意差がなかった。ただし、排卵率に差はないものの妊娠率はINS-1を服用した群で有意に高く、この点についてはさらに検討を進めるという。

 この件に関する大正製薬のプレス・リリースはこちら(PDF形式)、Insmed社の投資家向けニュースはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:483
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:852
  3. 未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策 記者の眼 FBシェア数:3
  4. 診療報酬改定率、本体は0.55%の引き上げ シリーズ◎2018診療報酬改定 FBシェア数:103
  5. 細菌性髄膜炎がほぼ確実なのに起炎菌が不明! 医師の知らない?検査の話 FBシェア数:1
  6. 来シーズンには新機序の抗インフル薬登場 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《下》 FBシェア数:3
  7. 50歳代男性。発熱、咳 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  8. ロコアテープの処方上限は70枚じゃない!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:40
  9. 小児科ナースは見た!!〜パワフルな1歳児〜 病院珍百景 FBシェア数:9
  10. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:455