2002.09.12

大正製薬、糖尿病などの治療薬「INS-1」の開発を中止

 大正製薬は9月11日、米国のバイオベンチャーであるInsmed社から導入した新規インスリン感受性増強薬、INS-1(開発コード)の開発を中止したと発表した。米国で両社が共同で実施、このほど終了した第2相臨床試験で、期待した成果が得られなかったため。

 INS-1は糖の代謝活性化酵素の機能を調整するイノシトール・グリカン類化合物。インスリンに対する感受性を増強する効果があるため、2型糖尿病や、インスリン分泌量の低下が関与するとされる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療薬候補として期待されていた。大正製薬は2000年7月にInsmed社とINS-1の共同開発契約を結び、日本・アジアでの開発・販売権を保有していた。

 Insmed社の発表によると、2型糖尿病患者を対象とした第2相試験では、安全性や忍容性は認められたものの、効果に関する1次評価項目で統計学的な有意差が出なかった。また、PCOS患者を対象とした第2租試験でも同様に、安全性や忍容性はあるが効果に関する1次評価項目に有意差がなかった。ただし、排卵率に差はないものの妊娠率はINS-1を服用した群で有意に高く、この点についてはさらに検討を進めるという。

 この件に関する大正製薬のプレス・リリースはこちら(PDF形式)、Insmed社の投資家向けニュースはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  2. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:32
  3. 女子マネ死亡…AEDを巡る論争に言いたいこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:882
  4. 山梨市長逮捕で「医学部裏口入学」を考える 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:38
  5. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:30
  6. 70歳代男性。残尿感 日経メディクイズ●腹部エコー FBシェア数:3
  7. アメフト選手の大半は慢性外傷性脳症だった JAMA誌から FBシェア数:153
  8. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:64
  9. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:103
  10. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:127