2002.08.21

母親の「後年の」インスリン抵抗性、子供の出生時体重と逆相関

 母親が妊娠中に糖尿病になると、生まれてくる子供の体重が比較的重くなることが知られているが、母親が高齢になってからのインスリン抵抗性は、逆に「軽い」子供を産んだ人ほど高いことがわかった。胎児期の「インスリン仮説」を支持するデータとして注目を集めそうだ。研究結果は、British Medical Journal(BMJ)誌8月17日号に掲載された。

 様々な疫学的調査で、出生時の体重が軽い人ほど、成長してから心疾患や糖尿病になりやすいことが知られている。明確な理由は不明だが、有力な仮説の一つとして「インスリン仮説」が提案されている。これは、特定の遺伝子の多型が胎児の成育を不十分にし、同時にインスリン抵抗性を高めるというものだ。

 しかし、よく知られているように、妊娠中に妊婦が糖尿病になった場合は、生まれてくる子供の体重はむしろ重い。そこで、英国Bristol大学社会医学部門のDebbie A. Lawlor氏らは、「妊娠中」ではなく「後年の」インスリン抵抗性と、出産した子供の体重との相関を調べた。

 調査対象は、英国の23地域に住む60〜79歳の女性4286人。うち、出産経験があり、第1子の出生時体重がわかっている3265人について、現在のインスリン抵抗性と第1子の体重とを比較した。

 第1子の出生時体重別に対象者を4群に分け、背景因子を比較したところ、「軽い」子供を産んだ人ほど現在の年齢が若く、体重が軽い傾向があった。そこで、そうした点を補正した上でインスリン抵抗性指数(HOMA)と第1子の出生時体重との相関を調べると、子供の体重が1kg重くなるごとにHOMAは27%低下することがわかったという。

 この結果は研究グループにとっては「予想外」だったが、かえって「インスリン仮説を支持するデータとして重要」だとLawlor氏らはまとめている。興味深いデータだけに、出産した子供の体重と、自身の後年のインスリン抵抗性とをつなぐ“共通の遺伝的素因”の今後の探求に期待したい。

 この論文のタイトルは、「Birth weight of offspring and insulin resistance in late adulthood: cross sectional survey」。現在、全文をこちらで閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:5
  2. 「AIに興味がある医師」を探し始めた病院の狙い 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:4
  3. 長引く感冒を疾患クラスターで考える 毎回5分、初めての診断戦略 FBシェア数:13
  4. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  5. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  6. 手指衛生、ちゃんとやってるのに、一体何が… わかる!院内感染対策 FBシェア数:108
  7. 原因はおやつ!身体のココを見れば分かる!? 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:85
  8. カルボシステインの薬疹は夜飲むと起こりやすい 松本康弘の「極める!小児の服薬指導」 FBシェア数:434
  9. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:390
  10. 抗PD-1抗体投与後の1型糖尿病発症、実態は 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:95