2002.08.07

幼児のアトピー性疾患、「防ダニ」シーツでは防げないことが判明

 「アトピーグッズ」として人気の商品の一つに、アレルゲンとなるダニやハウスダスト(ほこり)を通さない素材の寝具がある。アレルゲンから寝ている間も身を守ることで、アトピー性皮膚炎や喘息などのアトピー性疾患が軽快する効果があるという。しかし、少なくとも発症予防という観点では、赤ちゃんの時からこうした寝具を使っても、2歳までにアトピー性疾患を発症するリスクは変わらないことがわかった。研究結果は、American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine誌8月1日号に掲載された。

 この「PIAMA」研究(Prevention and Incidence of Asthma and Mite Allergy)の特徴は、プラセボ群を設けている点。「特別な寝具を使っている」ことで、掃除が行き届く、頻繁にシーツを交換するといった“波及効果”が起こり、それだけで結果が改善され得るためだ。そこで研究グループは、外観はそっくりだが、ダニやハウスダストの透過を防ぐ効果が特にないシーツ(マットレスカバー)を用意し、プラセボ群に割り付けた家庭で使ってもらった。

 対象は、喘息や皮膚炎などのアトピー性疾患素因を持つ妊婦1282人。うち6割にはダニやハウスダストに対するアレルギーがある。研究グループは、対象者を無作為に3群に分け、防ダニ群(416人)にはダニやハウスダストを透過しないシーツ、プラセボ群(394人)には普通のシーツ(プラセボ)を配布。残りの無介入群(472人)は特に何も配らず経過観察の対象とした。

 防ダニ群とプラセボ群に割り付けられた妊婦は、妊娠第3期から、夫婦の寝室に配布されたシーツを使用。子供が生まれた後は、子供のベッドにも指定のシーツを使用した。無介入群も含め、研究に参加した全ての家庭では、子供の咳や鼻水の頻度など、アトピー性疾患の発症を疑わせる症状を定期的に報告した。

 結果は期待に反するものだった。プラセボ群と防ダニ群とで唯一差があったのは、子供が1歳の1年間における夜間の咳だけ。喘鳴、鼻水(風邪の時を除く)などの呼吸器症状、アトピー性皮膚炎などその他の指標では、子供が0歳の1年間、1歳の1年間のいずれも、全く差は認められなかった。総免疫グロブリンE(IgE)値、ダニ特異的IgE値にも差はなかった。

 さらに無介入群でも、予想に反し、こうした症状に関してはプラセボ群との差が認められなかった。つまり、子供のアトピー性疾患を防ぐという意味では、「シーツに配慮する」という行為に“波及効果”すら認められないとの結果になった。

 今回得られたデータは、「乳幼児期にアレルゲンへの曝露を抑えれば、アトピー性疾患の発症を予防できる」との仮説を否定するものではない。また、既にアトピー性疾患にかかっている人が、こうした寝具を使う意味がないことを示すものでもない。しかし、少なくとも防ダニシーツに関しては、アトピー性疾患の発症予防効果を期待しない方がよさそうだ。

 この論文のタイトルは、「Placebo-controlled Trial of House Dust Mite?impermeable Mattress Covers」。アブストラクトは、こちらまで。


======= お知らせ =====================================================
病医院の経営層を対象とした「医療機関ホームページの実態調査」実施中です。

 この調査は、病医院を経営されている先生方を対象に、自院ホームページの開設状況や開設の目的、運用の実態や予算のほか、今後の運用方針などをおうかがいし、医療機関にとってのホームページの役割を明らかにすることを目的としております。調査結果は後日、MedWaveおよび日経BP社の関連会社でカスタム出版などを手がける日経メディカル開発の媒体上で紹介させていただく予定です。ぜひご協力ください。

アンケート画面はこちらから。
http://webres.nikkeibp.co.jp/user/MWhp80201.html
=======================================================================

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:544
  2. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176
  3. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:2
  4. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:211
  5. 卒後10年、初の転勤で病院院長に着任しました 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:431
  6. てんかん治療薬の使い方はここに注意! 2017年2月号特集◎抗てんかん薬Update FBシェア数:25
  7. 人をイライラさせる学会ホームページを撲滅せよ 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:172
  8. 鳴り響くアラーム音とPHS DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:5
  9. 前立腺生検の対象はMRIでトリアージするべき Lancet誌から FBシェア数:81
  10. DNAR指示は「治療不要」という意味ではない 日本集中治療医学会倫理委員会委員長の丸藤哲氏に聞く FBシェア数:1051