2002.07.23

【日本動脈硬化学会速報】 日本人では糖尿病やトリグリセリドが冠危険因子として重要−−ASPAC研究より

 アジア系人種社会においては、冠危険因子として、高血圧、糖尿病と並んで高トリグリセリド(中性脂肪)血症の果たすウエイトが高いという調査結果が発表された。アジア太平洋地域の10カ国において、心筋梗塞などの急性冠症候群を発症した患者の持っていた危険因子を比較した結果。欧米人と比べてアジア系人種では冠動脈疾患の予防において、血中コレステロールだけに留まらない総合的な管理がより重要であることが、この結果から示唆される。研究結果は7月18日のポスターセッションで、箕面市立老人保健施設長の山本章氏らが発表した。

 この「アジア太平洋地域の10カ国における冠危険因子に関する調査研究(ASPAC-study)」では、日本、韓国、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランドの計130施設で、急性冠症候群患者における危険因子とその管理について調査している。今回は、年間50例以上の心筋梗塞患者を扱う22施設480例について、患者のカルテから危険因子を追跡した。

 その結果、高血圧はどの国にも共通して見られた普遍的な危険因子だった。例えば急性冠症候群患者における高血圧者の頻度は日本で72%、オーストラリア・ニュージーランドで71%とほとんど差がない。一方、血清高コレステロール血症(>250mg/dl)の頻度は、日本人患者では男性15%、女性30%であり、一般人口中の約2倍に上っていたものの、オーストラリア・ニュージーランドと比べると2分の1だった。

 アジア系人種社会において特徴的だったのが、急性冠症候群患者における糖尿病の頻度。オーストラリア・ニュージーランドが19%だったのに対し、シンガポール44%、タイ35%、日本、マレーシア34%、台湾31%と高い値を示した。ただし、フィリピン(26%)、インドネシア(22%)、韓国(20%)では20%台に留まった。

 また、日本において各血清脂質の持つウエイトを調べた結果では、コレステロールよりもトリグリセリドの方が急性冠症候群の発症に与える影響は強く、250mg/dl以上の患者の頻度は一般人口中の3倍にも上った。

 以上から山本氏は、「日本人における冠動脈疾患のリスクファクターは、高コレステロール血症だけではないということを強く認識しなければいけない」と強調した。(関本克宏、医療局開発)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180