2002.07.22

FDA、植込み型心臓除細動器の適用を心筋梗塞歴のある人にも拡大

 米国食品医薬品局(FDA)は7月18日、Guidant Corporation社(インディアナ州インディアナポリス)製の植込み型心臓除細動器(ICD)の適用を、過去に心筋梗塞を発症したり、心機能が低下した患者に拡大した。1200人超を対象にした治験で、ICDを使った群が薬のみによる治療群に比べ、死亡率が31%減少したことを受けたもの。

 植込み型心臓除細動器はこれまで、過去に心停止を起こした人が適用だった。それ以外の人は、ICDが適用か否かを見極めるために、侵襲的な心臓の検査を受けなくてはならなかった。今回の適用拡大で、心筋梗塞歴のある人などは、こうした検査を受けずにICDを装着することが可能となった。

 治験では、742人の患者がICDを使用し、490人が薬のみで治療を行った。その結果、ICD群の死亡率が、対照群に比べ31%減少したという。なお、ICD群の3%で副作用が認められたものの、死亡とは無関係だったとしている。

 FDAは今回の適用拡大によって、同ICDの適用となる人は、米国で300万から400万人になるとしている。詳しくは、FDAによる、ニュース・リリースまで。(當麻 あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度ダブル改定で「看取り」の解釈が拡大 記者の眼 FBシェア数:192
  2. 「2025年」大予測! 医療改革は成功?失敗? 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:2
  3. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:224
  4. 民間の医療保険? そんなの入る必要ありません Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:18
  5. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  6. 主訴<腰痛>での救急搬送で見逃せない疾患は? 患者到着前から始まるエマージェンシー臨床推論 FBシェア数:16
  7. 他界した弟に導かれて医師の道へ 人物ルポ■奄美群島の産婦人科医療に挑む小田切幸平氏 FBシェア数:113
  8. 外傷性気胸に胸腔ドレナージは要らない? Dr.倉原の呼吸器論文あれこれ FBシェア数:80
  9. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:72
  10. レビー小体型認知症の診断、改訂ポイントは? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:59
医師と医学研究者におすすめの英文校正