2002.07.08

厚生労働省、非小細胞肺癌治療薬「イレッサ」などを新医薬品として承認

 厚生労働省は7月5日付けで、新医薬品としての承認もしくは効能追加を受けた医薬品11品目を都道府県に事務連絡をした。今回示されたのは、4月26日、5月24日、5月31日開催の薬事・食品衛生審議会の医薬品第一もしくは第二部会で了承されていたもの。承認された医薬品に、優先審査対象となっていた非小細胞肺癌治療薬「イレッサ」が含まれている。

 承認もしくは効能追加となった医薬品の商品名、一般名、申請者などは以下の通り。

・参天製薬の「チオラ錠100」(一般名:チオプロニン)
 シスチン尿症の効能追加。これまでは慢性肝疾患における肝機能の改善、初期老人性皮質内白内障、水銀中毒時の水銀排泄増加だった。希少疾病用医薬品。

・ナガセケムテックスの「塩酸ランジオロールTKS」(一般名:塩酸ランジオロール)
・小野薬品工業の「オノアクト」(一般名:塩酸ランジオロール)
・小野薬品工業の「注射用オノアクト50」(一般名:塩酸ランジオロール)
 手術時の頻脈性不整脈に対する緊急処置を効能・効果とするβ1遮断作用を持つ新有効成分(塩酸ランジオロール)含有医薬品。

・シェリング・プラウの「ロラタジン原末」(一般名:ロラタジン)
・シェリング・プラウの「クラリチン錠10mg」(一般名:ロラタジン)
 ヒスタミンH1受容体拮抗薬で、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚掻痒症)に伴う掻痒を効能・効果とする新有効成分(ロラタジン)含有医薬品。

・ファルマシアの「ダラシンTゲル1%」(一般名:リン酸クリンダマイシン)
 尋常性挫創を効能・効果とするリンコマイシン系抗生物質の外用薬。

・ファルマシアの「アロマシン錠25mg」(一般名:エキセメスタン)
 アロマターゼ阻害作用を有する閉経後乳癌を効能・効果とする新有効成分(エキセメスタン)含有医薬品。

・アストラゼネカの「イレッサ錠250」(一般名:ゲフィチニブ)
 上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害作用を有し、非小細胞肺癌(手術不能又は再発例)を効能・効果とする新有効成分(ゲフィチニブ)含有医薬品。優先審査対象。

・帝人の「ボンアルファハイ軟膏20μg/g」(一般名:タカルシトール)
 活性型ビタミンD3誘導体。既存製薬の10倍の濃度の軟膏薬で、効能は難治性の尋常性乾癬。

・武田薬品工業の「リュープリンSR注射用キット11.25」(一般名:酢酸リュープロレリン)
 前立腺癌を効能・効果とする12週持続製薬。これまでは4週ごとの投与だった。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:141
  2. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:4
  3. 「できるだけ安い薬を出して」と言われたら シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:128
  4. 「どう逝きたいか」がリアルに伝わる文書を施設間で… ケーススタディー◎春日井市民病院「ACP相談員」 FBシェア数:27
  5. 「爪剥がし事件」で逆転無罪、正当な医療行為と認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:80
  6. 医師のあこがれ? 「ブラックカード」の魅力 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:1
  7. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:0
  8. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  9. インスリンの2回打ちって、もう古い? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:131
  10. アドバンス・ケア・プランニングはどう進める? インタビュー◎意思決定支援なしでは治療できない時代に FBシェア数:16