2002.07.05

米国でバンコマイシン高度耐性のMRSA、「VRSA」発見

 米国疾病対策センター(CDC)は、バンコマイシン高度耐性のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)である「VRSA」が6月にミシガン州で発見されたことを公表した。これは、CDCが毎週発行する死亡率や罹患率などに関するリポート「Morbidity and Mortality Weekly Report; MMWR」の7月5日号で報告された。バンコマイシンにある程度の耐性を持つMRSAは、1996年に日本でも発見されているが、高度耐性を持つものが確認されたのは今回が初めて。

 今回報告されたVRSAは、ミシガン州に住む40歳で、糖尿病と末梢血管疾患、慢性腎不全を持ち、透析を受けている患者から見つかった。同患者は昨年4月から、足の潰瘍治療のために、バンコマイシンを含む抗生物質を使っていた。その後今年6月、患者の足の潰瘍から、VRSAが確認された。

 CDCによれば、今回報告されたVRSAは、ミノサイクリンやキヌプリスチン/ダルフォプリスチン、スルファメトキサゾール・トリメトプリムなどの抗生物質に感受性が認められている。また、同患者の容態は現時点では安定しており、スルファメトキサゾール・トリメトプリムで治療を受けているという。

 CDCでは、全米の医療機関に対し、黄色ブドウ球菌のバンコマイシン耐性を調べVRSAやVRSAの疑われるケースなどについては、CDCに報告するよう呼びかけている。詳しくは、MMWR7月5日号まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22