2002.07.05

米国でバンコマイシン高度耐性のMRSA、「VRSA」発見

 米国疾病対策センター(CDC)は、バンコマイシン高度耐性のMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)である「VRSA」が6月にミシガン州で発見されたことを公表した。これは、CDCが毎週発行する死亡率や罹患率などに関するリポート「Morbidity and Mortality Weekly Report; MMWR」の7月5日号で報告された。バンコマイシンにある程度の耐性を持つMRSAは、1996年に日本でも発見されているが、高度耐性を持つものが確認されたのは今回が初めて。

 今回報告されたVRSAは、ミシガン州に住む40歳で、糖尿病と末梢血管疾患、慢性腎不全を持ち、透析を受けている患者から見つかった。同患者は昨年4月から、足の潰瘍治療のために、バンコマイシンを含む抗生物質を使っていた。その後今年6月、患者の足の潰瘍から、VRSAが確認された。

 CDCによれば、今回報告されたVRSAは、ミノサイクリンやキヌプリスチン/ダルフォプリスチン、スルファメトキサゾール・トリメトプリムなどの抗生物質に感受性が認められている。また、同患者の容態は現時点では安定しており、スルファメトキサゾール・トリメトプリムで治療を受けているという。

 CDCでは、全米の医療機関に対し、黄色ブドウ球菌のバンコマイシン耐性を調べVRSAやVRSAの疑われるケースなどについては、CDCに報告するよう呼びかけている。詳しくは、MMWR7月5日号まで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. エリートサラリーマンが子どもに私立医学部を勧める… 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:28
  2. 主訴「僕、麻疹かもしれない」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:88
  3. 某球団の熱烈ファンを狙った医師採用戦略 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:121
  4. 「オギノ式」を生んだ荻野久作夫妻の絆 病と歴史への招待 FBシェア数:3
  5. OSA患者のCPAP使用は性生活の質を改善する JAMA Otolaryngol Head Neck Surg誌から FBシェア数:10
  6. 探してます。自然な理由を 病院珍百景 FBシェア数:15
  7. 高齢者の結核に要注意、フレイルは治療のリスク 学会トピック◎第60回日本老年医学会学術集会 FBシェア数:39
  8. 麻疹で困っている、知りたい、気になることは? ソーシャルネットワークでAMRに挑む FBシェア数:13
  9. ムコイド型耐性肺炎球菌に新たな耐性菌が 学会トピック◎第92回日本感染症学会・第66回日本化学療法学会 FBシェア数:20
  10. どうして今さら訪問看護!? ぐるぐる訪問看護 FBシェア数:42
医師と医学研究者におすすめの英文校正