2002.06.29

【ホームページ探訪】 池浦クリニック 季節の糖尿病食を掲載、「夏野菜を食べよう」をテーマにした献立も

 ホームページで患者あるいは一般の方とコミュニケーションを図ろうとする試みが広がっています。毎週1回のペースで、特色のあるホームページを紹介していこうと思います。「こんなおもしろいホームページがある」「情報提供の見本として役に立った」などという情報がありましたら、MedWave編集部(medwave@nikkeibp.co.jp)までメールでお送りください。自薦、他薦いずれでも構いません。

 初回は愛知県安城市の池浦クリニックhttp://medical.nikkeibp.co.jp/cgi-bin/jump?のホームページを紹介します。

 画面構成は、左にメニューボタンを配置したナビゲーション、右に本文とシンプルです。

 メニューも、クリニック紹介(池浦クリニックの特徴、診療時間のご案内、地図・交通機関)、病院長あいさつ、早朝検査、公開健康講座などコンパクトにまとまった印象です。

 なんといっても特徴は、「季節の糖尿病食」でしょうか。6月28日に更新したばかりのメニューが写真入で並んでいます。夏の糖尿病食では、「夏野菜を食べよう」をテーマにした献立も紹介。糖尿病と楽しく向き合おうと呼びかけられているようです。もちろんレシピもあります。

 秀逸は「ぼやきの掲示板」でしょう。説明には、こうあります。

 「糖尿病と付き合っていく中で、先生や、看護婦さん、栄養士さんの言う通り、教科書通りの生活をすることは大切ですけれど、なかなか辛いことがあります。言われた通りに守れなくて落ち込んだ時、思い切って本音をぶちまけると、すっきりして又、明日からの元気が出てきます。心の奥に潜む本音をズバリ、とっても辛辣な一言をグサッと、思い切って皮肉な一言をチクリ、書き込んでみませんか」

 糖尿病治療に携わってきた専門家ならではの発想なのでしょう。まだ投稿は多くないようですが、糖尿病コントロールがうまく行っている人が多いことの裏返しなのかもしれません。

 糖尿病と向き合う患者であれば一度は疑問に思うに違いない質問とそれに対する答えをまとめた質問コーナーもあります。

 患者の療養をネットで補完したいという意向があちこちに感じられるホームページです。7月2日現在の訪問者はトップページにあるカウンターによると7567です。

 シンプルな構成、コンパクトな内容、発信者独自のコンテンツと三拍子そろったホームページです。願わくば、更新情報がどこか1箇所にあれば、毎回の訪問者が増えるのではないでしょうか。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018改定で加速! 診療実績ない病院は淘汰へ 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:72
  2. 褥瘡治癒の決め手は「亜鉛」にあった リポート◎木を見て森を見ずの褥瘡治療 FBシェア数:597
  3. なぜ医療機関で「残念な上司」が増殖するのか 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:439
  4. 知っているようで知らない「かぜ」を科学する かぜ診療での“困った”に答えます FBシェア数:138
  5. 「一度入れた人工呼吸器は外せない」は誤解 インタビュー◎医療の有益性より患者の意思を尊重すべし FBシェア数:369
  6. 『君たちはどう生きるか』と救急受け入れ拒否 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:74
  7. 67歳男性。心電図異常 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  8. 「医院に接遇はいらない」と反発した職員の真意 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:246
  9. 脳卒中で逝った大奥の支配者 天璋院篤姫 病と歴史への招待 FBシェア数:1
  10. 130/80mmHg超えたら高血圧?患者数急増へ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《1》 FBシェア数:91
医師と医学研究者におすすめの英文校正