2002.06.29

【ISH速報】 英国人高齢者の8割が高血圧に罹患、新たな“英国病”に

 英国でこのほど行われた疫学調査「ENGLAND 2000」で、65歳以上の高齢者の実に8割が高血圧に罹患していることがわかった。高血圧患者のうち治療を受けているのは約半数で、多くが利尿薬を基礎薬とする治療を受けていたが、血圧が治療目標域にまでコントロールされていたのは高血圧患者の2割に過ぎなかったという。調査結果は、6月27日に行われた一般口演「Hypertension in the Elderly」で、英国London医科大学疫学公衆衛生部門のP. Primatesta氏らが発表した。

 英国厚生省(DOH)は毎年、国民を対象とした健康調査「Health Survey for England」を実施している。この調査の特徴は、毎年テーマを定め、重点的な調査を行うこと。2000年の調査テーマは高齢者で、施設入居者も含めた重点的な訪問調査が展開された。

 この調査で、血圧に関しては2024人分のデータが集まった。安静下で5分おきに3回血圧を測り、3回とも「高血圧」となった人のうち、2回目と3回目の測定値を平均してその人の血圧値とした。なお、血圧値に関わらず既に降圧治療を受けている人は「高血圧」に含めた。

 その結果、高血圧の定義を160/90mmHg以上とした場合は、高齢者男性の60%、女性の65%が高血圧となることが判明。世界保健機関(WHO)/国際高血圧学会(ISH)が1999年の新ガイドラインで定めた「140/90mmHg以上」を採用した場合は、高血圧患者の比率が男性で76%、女性で84%となった。

 調査対象者の血圧値の平均は、男性が150.5/80.1mmHg、女性が156.9/77.2mmHg。拡張期血圧が90mmHg未満の人は男性の80%、女性の85%を占めたが、収縮期血圧が140mmHg未満の人は男性の23%、女性の17%しかおらず、高齢者ではやはり収縮期のみが高い収縮期高血圧(ISH)が多かった。特に「未治療の高血圧」では、ISHの比率が4分の3を占め、ISHが比較的看過されやすいことが明らかになった。

 降圧薬を服用している人では、57%が単剤で治療されており、35%が2剤、8%が3剤以上を服用していた。単剤治療を受けている人では、41%が利尿薬、23%がβ遮断薬を処方されており、カルシウム(Ca)拮抗薬は20%、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬は14%だった。

 一方、2剤併用療法を受けている人の場合、最も多い薬剤の組み合わせは利尿薬とACE阻害薬の31%。次いで利尿薬とβ遮断薬の17%、利尿薬とCa拮抗薬の16%となり、併用療法でも利尿薬を基礎薬とするケースが多いことがわかったという。

 以上からPrimatesta氏は、「高齢者の高血圧を管理する上では、特に収縮期血圧に注意を払う必要がある」と結論。「より広い組み合わせでの併用療法を取り入れるべき」と強調した。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:312
  2. どこまで減らせる?アルブミン製剤 リポート◎「アルブミン消費大国」の汚名は返上したが… FBシェア数:22
  3. 高血圧合併例の利尿薬をSGLT2阻害薬に変更 学会トピック◎第60回日本糖尿病学会年次学術集会 FBシェア数:139
  4. 患者応対を改善させる「マジックフレーズ」 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  5. 患者が増えない… 院長が突き止めた原因とは 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:1
  6. なぜ肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢を盛り… ガイドライン作成委員を務めた大阪大学感染制御学教授の朝野和典氏に聞く FBシェア数:502
  7. 100歳目前の認知症患者に輸血を行うか はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:13
  8. 高齢者救急の現場で思う「長生きは幸福か」 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:174
  9. いつまでも症状が長引く感染性腸炎の正体 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:161
  10. 医療事故調センター「再発防止策」に厳しい声 記者の眼 FBシェア数:27