2002.06.28

【ISH速報】 脳卒中再発後の痴呆をペリンドプリル+インダパミドが抑制−−PROGRESSサブスタディ

 昨年の欧州高血圧学会(ESH)で報告され、脳卒中後慢性期の積極的降圧治療による再発予防効果を実証した大規模試験PROGRESS(Perindopril pRotection aGainst REcurrent Stroke Study)のサブ解析が、6月27日のオーラル・プレゼンテーション 「 Large Clinical Trials」で報告され、脳卒中再発後の痴呆防止のためにも、脳卒中初発後に積極的な降圧を行う必要性が示された。フランスINSERM Unit360のChristophe Tzourio氏が報告した。

 PROGRESSは、脳卒中既往例を血圧に関係なく登録し、通常治療に「ACE阻害薬ペリンドプリル±利尿薬インダパミド」を追加する「降圧群」と、プラセボを追加する「プラセボ群」に無作為に割り付けた二重盲検試験。昨年のESHでは、「降圧群」における脳卒中再発28%の有意な減少(対プラセボ群相対比)ならびに、脳卒中再発例における痴呆発生の34%減少、重篤な認知機能低下の45%減少(いずれも有意)などが報告されていた(痴呆・認知機能に関しては文献未公表)。

 今回は、「降圧治療群」で脳卒中再発後に痴呆抑制が大きかったサブグループの解析が報告され、「初回脳卒中後の認知機能低下軽度例」ではプラセボ群に比べ痴呆発症が相対的に31%、それぞれ有意に減少することが明らかになった。これは重篤な認知機能低下に関しても同様だったという。

 Tzourio氏は「痴呆は効果的な予防法がなく、また脳卒中後は20〜30%が痴呆を発症するので、今回報告した予防法は臨床的に非常に重要だと考える」と述べている。

 なお、同日のオーラル・プレゼンテーション 「Hypertension in the Elderly」にてSYST-EUR痴呆サブスタディのフォローアップ試験の結果を報告したフランスUniversity ParisのF. Forette氏は、SYST-EURが脳卒中既往のない高血圧例に対する降圧治療の痴呆抑制作用を紹介した上でPROGRESSに言及し、「降圧による痴呆抑制効果は疑いのないものとなった」とコメントした。(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97