2002.06.28

【ISH速報】 脳卒中再発後の痴呆をペリンドプリル+インダパミドが抑制−−PROGRESSサブスタディ

 昨年の欧州高血圧学会(ESH)で報告され、脳卒中後慢性期の積極的降圧治療による再発予防効果を実証した大規模試験PROGRESS(Perindopril pRotection aGainst REcurrent Stroke Study)のサブ解析が、6月27日のオーラル・プレゼンテーション 「 Large Clinical Trials」で報告され、脳卒中再発後の痴呆防止のためにも、脳卒中初発後に積極的な降圧を行う必要性が示された。フランスINSERM Unit360のChristophe Tzourio氏が報告した。

 PROGRESSは、脳卒中既往例を血圧に関係なく登録し、通常治療に「ACE阻害薬ペリンドプリル±利尿薬インダパミド」を追加する「降圧群」と、プラセボを追加する「プラセボ群」に無作為に割り付けた二重盲検試験。昨年のESHでは、「降圧群」における脳卒中再発28%の有意な減少(対プラセボ群相対比)ならびに、脳卒中再発例における痴呆発生の34%減少、重篤な認知機能低下の45%減少(いずれも有意)などが報告されていた(痴呆・認知機能に関しては文献未公表)。

 今回は、「降圧治療群」で脳卒中再発後に痴呆抑制が大きかったサブグループの解析が報告され、「初回脳卒中後の認知機能低下軽度例」ではプラセボ群に比べ痴呆発症が相対的に31%、それぞれ有意に減少することが明らかになった。これは重篤な認知機能低下に関しても同様だったという。

 Tzourio氏は「痴呆は効果的な予防法がなく、また脳卒中後は20〜30%が痴呆を発症するので、今回報告した予防法は臨床的に非常に重要だと考える」と述べている。

 なお、同日のオーラル・プレゼンテーション 「Hypertension in the Elderly」にてSYST-EUR痴呆サブスタディのフォローアップ試験の結果を報告したフランスUniversity ParisのF. Forette氏は、SYST-EURが脳卒中既往のない高血圧例に対する降圧治療の痴呆抑制作用を紹介した上でPROGRESSに言及し、「降圧による痴呆抑制効果は疑いのないものとなった」とコメントした。(宇津貴史、医学レポーター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176