2002.06.28

【ISH速報】 妊婦の子癇前症予防、低用量アスピリンの就寝前服用が有用

 妊婦341人を対象としたプラセボ対照無作為化試験で、低用量のアスピリンを就寝前に服用すると、プラセボや他の時間帯にアスピリンを服用した場合よりも子癇前症の予防効果が高いことがわかった。スペインde Vigo病院時間生物学研究室のRamon C. Hermida氏らが、6月27日の一般口演「Drug Treatment, Clinical Trials」で発表した。

 子癇前症は、妊娠中毒症の一種で、蛋白尿や浮腫を伴う高血圧を特徴とする。妊娠20週以降に生じ、初産で多いことが知られている。子癇前症を放置すると子癇(妊娠後期に起こる痙攣発作)につながることが多いため、子癇前症と診断された場合、わが国では降圧薬などによる治療が行われるのが普通だ。欧米では一部の医療機関でアスピリンを子癇前症の予防薬として用いているが、臨床成績はまちまちで、果たして本当に予防効果があるのかは明らかではなかった。

 Hermida氏らは、アスピリンによる子癇前症の予防成績が一定しないのは、生体リズムに合わせた投与がなされていないためではないかと推察。18〜41歳で家族歴や前妊娠での子癇前症の既往など子癇前症のリスクが高い妊婦341人(うち初産181人、多胎例は除外)を6群に分け、3通りの時間帯に、胎盤を通過しない低用量のアスピリン(1日1回100mg)またはプラセボを服用してもらい、予防効果を比較した。薬剤の服用時間帯は、起床時、起床8時間後と就寝前の3パターン。服用期間は妊娠12〜16週から出産までとした。

 その結果、プラセボを服用した3群と比べ、アスピリンを起床8時間後または就寝前に服用した群では、出産時の血圧が有意に低いことが判明。血圧の低下幅は就寝前服用群の方が大きく、24時間平均で13.7/9.2mmHgに達した。一方、アスピリンを起床時に服用した群では、出産時の血圧がプラセボ群と変わらなかった。

 さらに、子癇前症の発症率は、プラセボ群が12%前後だったのに対し、アスピリンを起床8時間後または就寝前に服用した群では2%前後と、有意に低くなることが判明。ただし、アスピリンを起床時に服用した群では約15%と、プラセボ群とほぼ同程度だった。

 早産率については、プラセボ群(約12〜15%)と比べ、アスピリン起床時服用群では約12%とほぼ変わらない。しかし起床8時間後服用群は4%、就寝前服用群では0%と、有意に低くなった。出生児の体重はアスピリン服用群でやや重い傾向があった。

 以上からHermida氏は、「低用量のアスピリンを起床時以外、特に就寝前に服用すると、子癇前症や早産などの合併症を予防できる」と結論。「多くの医療機関では、特に服用時間を指定しないでアスピリンを処方しているが、生体リズムに合わせた処方が大切であることを再認識して欲しい」と訴えた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  2. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:444
  3. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:5
  4. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:259
  5. 新設の国際医療福祉大医学部の人気は? リポート◎2017大学入試シーズンがスタート FBシェア数:9
  6. WELQと日経メディカルはどこが違うのか 記者の眼 FBシェア数:3
  7. 若手も半数は「ほとんどバイトせず」 Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:0
  8. 「医療のことに口出しするな」怒られたケアマネ 医師が知らない介護の話 FBシェア数:481
  9. 肺癌診療ガイドライン改訂で議論が紛糾した3つのポ… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:106
  10. 同日入院の2人 DDDDD〜ディーゴ〜 FBシェア数:13