2002.06.26

【ISH速報】 抗酸化ダイエット、「肥満で高血圧」の人には特にお薦め

 肥満で血圧が高い人が、野菜や果物などを豊富に含む食事を取ると、血中の抗酸化活性が高まり、血圧も下がる−−。ブラジルSao Paulo大学心臓研究所のH. F. Lopes氏らの研究によるもので、6月25日のポスターセッションで発表した。

 肥満の人は高血圧になりやすく、心臓病のリスクも高いことが知られている。それでは、肥満の人とやせている人とでは、体重以外に何が違うのか。こう考えたLopes氏らは、肥満で高血圧の人と、やせていて血圧も正常な人をそれぞれ12人ずつ集め、様々な検査を行った。

 すると、肥満で高血圧の人では、血中の抗酸化活性がかなり低いことが判明。そこでLopes氏らは、野菜や果物を多く含む「高抗酸化食」と、飽和脂肪酸などを多く含む「低抗酸化食」を4週間ずつ食べてもらい、検査値がどのように変わるかを調べた。

 その結果、高抗酸化食を食べた期間に、肥満で高血圧の人では血圧が低下。最高血圧(収縮期血圧)、最低血圧(拡張期血圧)のいずれも、およそ10mmHgずつ下がった。血中の抗酸化活性も、高抗酸化食を食べた期間ではやせて正常血圧の人と同じくらいまで上がった。一方、やせて正常血圧の人では、高抗酸化食を食べた場合でも、血圧や抗酸化活性は変わらなかった。

 Lopes氏は「野菜や果物は“健康に良い”とされる食品だが、理論的な根拠はこれまではっきりしていなかった。今回の研究で、肥満の人では体の抗酸化活性が低く、それが食事で改善されることがわかった」と強調。「特に肥満と高血圧のどちらもある人では、抗酸化ダイエットは予想以上の効果があるだろう」と述べた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:479
  2. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:12
  3. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  4. オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法 国分秀也の「ゼロから学ぶオピオイド」 FBシェア数:105
  5. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:582
  6. 「真面目なメンタルケア」が真面目ちゃんを苦しめる 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  7. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:20
  8. インフル入院患者、届出数が100人を超える インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:109
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:196
  10. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:180