2002.06.26

【ISH速報】 抗酸化ダイエット、「肥満で高血圧」の人には特にお薦め

 肥満で血圧が高い人が、野菜や果物などを豊富に含む食事を取ると、血中の抗酸化活性が高まり、血圧も下がる−−。ブラジルSao Paulo大学心臓研究所のH. F. Lopes氏らの研究によるもので、6月25日のポスターセッションで発表した。

 肥満の人は高血圧になりやすく、心臓病のリスクも高いことが知られている。それでは、肥満の人とやせている人とでは、体重以外に何が違うのか。こう考えたLopes氏らは、肥満で高血圧の人と、やせていて血圧も正常な人をそれぞれ12人ずつ集め、様々な検査を行った。

 すると、肥満で高血圧の人では、血中の抗酸化活性がかなり低いことが判明。そこでLopes氏らは、野菜や果物を多く含む「高抗酸化食」と、飽和脂肪酸などを多く含む「低抗酸化食」を4週間ずつ食べてもらい、検査値がどのように変わるかを調べた。

 その結果、高抗酸化食を食べた期間に、肥満で高血圧の人では血圧が低下。最高血圧(収縮期血圧)、最低血圧(拡張期血圧)のいずれも、およそ10mmHgずつ下がった。血中の抗酸化活性も、高抗酸化食を食べた期間ではやせて正常血圧の人と同じくらいまで上がった。一方、やせて正常血圧の人では、高抗酸化食を食べた場合でも、血圧や抗酸化活性は変わらなかった。

 Lopes氏は「野菜や果物は“健康に良い”とされる食品だが、理論的な根拠はこれまではっきりしていなかった。今回の研究で、肥満の人では体の抗酸化活性が低く、それが食事で改善されることがわかった」と強調。「特に肥満と高血圧のどちらもある人では、抗酸化ダイエットは予想以上の効果があるだろう」と述べた。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:244
  2. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:653
  3. 肺野陰影の濃度差はなぜ生じるのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  4. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:81
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:23
  6. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  7. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:773
  9. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:42
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:2