2002.06.26

【ISH速報】 正常範囲内でも血圧が認知機能に影響、閉経後女性で判明

 高血圧の人では痴呆の発症率が高いことが知られているが、血圧がたとえ正常範囲内に留まっていても、収縮期血圧が高いほど認知機能が低いことが明らかになった。正常血圧の閉経後女性22人を対象とした研究結果で、東京大学保健管理センター助手の田口理恵氏らが、6月25日のポスターセッションで発表した。

 痴呆の患者数には男女差があり、男性よりも女性が多い。これは、女性の方が相対的に長生きするためだと考えられてきた。ところが、年齢で補正した後も、やはり女性の方が痴呆を発症しやすいことが最近になって判明。女性の痴呆発症メカニズムに大きな注目が集まっている。

 しかし、これまで行われてきた研究の多くは、男性患者を対象としたもの。また、「高血圧」(140/90mmHg以上)にならない程度の血圧が、痴呆発症に影響するか否かも明らかではなかった。そこで田口氏らは、正常血圧の閉経後女性22人を対象に、正常範囲内の血圧が認知機能に影響するかどうかを調べた。被験者の平均年齢は57.7歳と、この種の研究では比較的若い。平均血圧は120.5/76.1mmHg。

 田口氏らは被験者に、記憶力や注意力などの認知機能を総合的に調べる「WAIS-R」テストを受けてもらい、そのスコアと血圧などとの関連を検討した。「WAIS-R」テストは8項目から構成されており、項目ごとに認知に関わる様々な機能が評価できるようになっている。

 その結果、テスト項目のうち符号テスト(Digit Symbol)の点数と、収縮期血圧値との間に、負の相関があることがわかった。年齢や教育レベルなど、テスト成績に影響を与え得る因子で補正した後も、収縮期血圧値が高い人ほど符号テストの点数が低くなった。体格指数(BMI)や総コレステロール値、空腹時血糖値などを含めて多変量解析を行っても、やはり収縮期血圧値と符号テストの点数とには有意な相関が残った。

 符号テストは、1〜9の数字に、例えば1は□、2は▲といった符号をつけ、そのルール通りに符号をランダムに並んだ数字に当てはめるもの。認知機能のうち、精神活動と行動とを調和的に結び付ける「精神運動速度」(psychomotor speed)に関連する能力を反映するとされる。

 精神運動速度の低下が痴呆につながる「初期変化」を表しているのかは、「今回の研究だけではわからない」と田口氏は話す。しかし、従来は治療の対象にならない、血圧が正常範囲に留まっている人でも、血圧が高いほど認知機能の低下が認められた意義は大きい。高齢者の血圧をどこまで下げるべきかとの議論にも、影響を与えるデータとなりそうだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 家の中に便が転がっていて何が悪いのか シリーズ◎在宅医療における感染対策(1) FBシェア数:748
  2. 桐島、救急部やめるってよ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:83
  3. 研修医の頃、株式投資で大ヤケドをした話 Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:2
  4. 研修初日にしておくべきたった1つのこと 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:44
  5. 紛争地以上に高度な技術が必要な手術も 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:41
  6. SGLT2阻害薬の心保護作用は同系薬で共通 循環器・糖尿病診療のNew Stage◎REPORT FBシェア数:190
  7. なぜ、われわれは手洗いをしないのか?(その2) 忽那賢志の「感染症相談室」 FBシェア数:76
  8. 田辺三菱、アステラスが長期収載品から撤退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:132
  9. 応召義務 カデット特集●医師と法律 FBシェア数:0
  10. 不安になると救急外来にやってくる認知症患者 はちきんナースの「看護のダイヤを探そう!」 FBシェア数:18