2002.06.25

NIHがヒト・ゲノム研究に関するウェブサイトを全面刷新、七つのセクション別にわかりやすく情報を集積

 米国立衛生研究所(NIH)の下部組織であるNational Human Genome Research Institute (NHGRI;米国立ヒト・ゲノム研究所)は6月21日、ヒト・ゲノム研究に関するウェブサイトを全面刷新し、新しいアドレスgenome.gov]で公開を始めた。新サイトでは、ヒト・ゲノム研究に関する情報を7セクションに分け、多くの情報を利用者にわかりやすく集めているという。

 新サイトの7セクションは、(1)研究(2)健康(ヘルス)(3)方針と倫理(4)教育に関する情報(5)キャリアとトレーニング(6)助成金(7)ニュースルーム――。中でも研究セクションはサイト全体の3分の1以上を占め、国際的プロジェクトである「ヒト・ゲノム・プロジェクト」の全貌などがわかるようになっている。また、NIHで進行中のヒト・ゲノム研究や、その他データベースなども含まれている。

 健康(ヘルス)セクションではまた、NIHとNHGRIが運営する遺伝性で稀な疾患に関する患者や家族のための情報センター、「Genetic and Rare Diseases Information Center」の使い方や、よくある質問集、各種遺伝病の基本的情報などを集めている。

 さらに、方針と倫理セクションでは、NHGRI予算の5%を費やす、遺伝情報とプライバシーの問題といったヒト・ゲノム研究の倫理・法律的側面の情報を紹介している。
NHGRIではまた、今後新サイトに対し、高解像度の画像やビデオなども盛り込んでいく予定。

 詳しくは、同ウェブサイト、またはNIHによるニュース・リリースまで。(當麻あづさ、医療ジャーナリスト)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13