2002.06.21

GSK、抗うつ薬「パキシル」のコ・プロモーション契約を吉富薬品と締結

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月20日、同社が販売している選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の塩酸パロキセチン(商品名:パキシル)について、吉富薬品と共同販売促進活動(コ・プロモーション)を行うことで合意したと発表した。吉富薬品は三菱ウェルファーマの子会社で、精神科領域に特化した医薬品販売促進活動を行っている。

 この提携により、7月から塩酸パロキセチンに関する医療機関への情報提供活動は両社が共同で実施する。流通・販売業務は今後もGSKが単独で行う。

 SSRIは、わが国で1999年から販売が始まった新しいタイプの抗うつ薬。わが国では現在、塩酸パロキセチンのほかマレイン酸フルボキサミン(商品名:デプロメール、ルボックス)が販売されている。類似した薬理作用を持つセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の塩酸ミルナシプラン(商品名:トレドミン)も含め、うつ病治療を大きく変える薬剤としての期待が高い。

 適応症は薬剤により異なり、SNRIの塩酸ミルナシプランはうつ病・うつ状態のみ。SSRIの2薬は、うつ病・うつ状態に加え、塩酸パロキセチンは不安障害の一つであるパニック障害、マレイン酸フルボキサミンは強迫性障害(強迫神経症)にも適応がある。

 この件に関するGSKのプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 診療拒否が違法か否かを判断する「3つの要素」 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:120
  2. 10歳男児。頭痛、嘔吐、けいれん 日経メディクイズ●小児 FBシェア数:0
  3. このままだと働き方はどんどんブラックになるよ? 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:52
  4. 原因不明の慢性痛、その原因は医師の思考停止 「こじらせ疼痛」にどう向き合う FBシェア数:41
  5. 日中で異なる高血圧基準値変更へのスタンス 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:17
  6. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:26
  7. 患者トラブルの背後に隠れていた「虐待」 なにわのトラブルバスターの「患者トラブル解決術」 FBシェア数:20
  8. 覚醒下心臓手術は新たな選択肢となり得るか? リポート◎日本初、局所麻酔下での心臓弁手術が成功 FBシェア数:353
  9. ルーチンの読影手順 正常構造をまず確認 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:34
  10. 70歳代男性。検診の胸部X線 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
医師と医学研究者におすすめの英文校正