2002.06.21

GSK、抗うつ薬「パキシル」のコ・プロモーション契約を吉富薬品と締結

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月20日、同社が販売している選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の塩酸パロキセチン(商品名:パキシル)について、吉富薬品と共同販売促進活動(コ・プロモーション)を行うことで合意したと発表した。吉富薬品は三菱ウェルファーマの子会社で、精神科領域に特化した医薬品販売促進活動を行っている。

 この提携により、7月から塩酸パロキセチンに関する医療機関への情報提供活動は両社が共同で実施する。流通・販売業務は今後もGSKが単独で行う。

 SSRIは、わが国で1999年から販売が始まった新しいタイプの抗うつ薬。わが国では現在、塩酸パロキセチンのほかマレイン酸フルボキサミン(商品名:デプロメール、ルボックス)が販売されている。類似した薬理作用を持つセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の塩酸ミルナシプラン(商品名:トレドミン)も含め、うつ病治療を大きく変える薬剤としての期待が高い。

 適応症は薬剤により異なり、SNRIの塩酸ミルナシプランはうつ病・うつ状態のみ。SSRIの2薬は、うつ病・うつ状態に加え、塩酸パロキセチンは不安障害の一つであるパニック障害、マレイン酸フルボキサミンは強迫性障害(強迫神経症)にも適応がある。

 この件に関するGSKのプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55