2002.06.21

アベンティスの副腎癌治療薬「オペプリム」、8月からヤクルトが販売

 アベンティス ファーマとヤクルト本社は6月20日、副腎癌治療薬のミトタン(商品名:オペプリム)の販売権を、アベンティスからヤクルトへと移管する契約締結に合意したと発表した。

 ミトタンはコルチゾールなど副腎皮質ホルモンの抑制薬で、適応症は副腎癌および手術適応とならないクッシング症候群(コルチゾール過剰症)。日本ルセル(現:アベンティス ファーマ)が1984年からわが国で販売を行っていた。

 今回の契約で、2002年8月からヤクルト本社が販売および医療機関への情報提供、医療機関からの情報収集活動を担当。2003年7月からは輸入承認権もヤクルト本社に移管する。

 アベンティス ファーマは昨年から、「既存プロダクトラインの製品価値を最大化するための施策」として、医薬品の販売提携や共同販売促進活動(コ・プロモーション)契約を急速に進めている。例えば注射用抗菌薬「タゴシッド」(一般名:テイコプラニン)は今年1月から藤沢薬品工業が主要な販売・販促活動を実施しており、今夏に発売予定の注射用抗菌薬「シナシッド」(一般名:キヌプリスチン・ダルホプリスチン)も藤沢が単独で販売する。

 不整脈治療薬の「リスモダン」(一般名:ジソピラミド)は今年1月から医療機関への情報収集・提携活動を中止(販売を行っている中外製薬1社のみが実施)しており、食後血糖降下薬の「ファスティック」(一般名:ナテグリニド、その他の商品名:スターシス)は今年3月に販売権を三共に移管した。

 子宮内膜症などの治療薬「スプレキュア」(一般名:酢酸ブセレリン)は6月から持田製薬が主要な販売・販促活動を実施しており、5月に発売した骨粗鬆症治療薬「アクトネル」(一般名:リセドロン酸ナトリウム、その他の商品名:ベネット)についても、エーザイとコ・プロモーション契約を締結している。

 この件に関するアベンティス ファーマのプレス・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師国家試験を解答するAIの正体教えます トレンド◎人工知能が医療現場にやってくる FBシェア数:129
  2. その開業話、本当に進めても大丈夫ですか? その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:19
  3. 清掃中に生じた精巣痛の原因は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:32
  4. 「教えるプロ」に学ぶ、下部消化管内視鏡検査 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:2
  5. 脳梗塞に対するt-PA投与をiPhone使って判… トレンド◎日本初の保険適用アプリ「Join」、入院日数・医療費減にも効果 FBシェア数:348
  6. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1300
  7. 燃え尽きる前に、やるべきことは1つ! 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:201
  9. デパス向精神薬指定の根拠とは Interview FBシェア数:148
  10. 天才は、扱う人間を格付けする意味で罪作り!? 松原好之の「子どもを医学部に入れよう!」 FBシェア数:0