2002.06.20

GSKが国内初の長時間作動型β2刺激薬を発売

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月17日、気管支拡張効果が長時間持続するβ2刺激薬、キシナホ酸サルメテロール(商品名:セレベント)を発売した。今年4月11日付けで厚生労働省の承認を受けたもの(関連トピックス参照)。

 発売する製剤は、「セレベント 25 ロタディスク」と「セレベント 50 ロタディスク」の2種類。剤型はドライバウダー吸入型で、成人は1回50μg、小児(5歳以上)は25μg(50μgまで増量可能)を1日2回、朝と就寝前に吸入投与する。薬価は25μg製剤が1ブリスターで51.30円、50μg製剤が同69.90円。

 キシナホ酸サルメテロールは、1回の吸入で12時間以上の間、気管支拡張効果が持続する。従来の短時間作動型β2刺激薬のような即効性はないので、喘息治療においては長期管理薬(コントローラー)として用い、短時間作動型のβ2刺激薬を発作時の治療薬(リリーバー)、炎症治療用として吸入ステロイド薬を併用する。

 適応症は小児と成人の気管支喘息および慢性閉塞性肺疾患(COPD)。適応疾患としてCOPDとの疾患概念が記載されるのは国内では初めて。COPDは全世界で死因の第5位(2000年推計、WHO)を占める。国内での患者数は受診ベースで約22万人とされている。

 この件に関するグラクソ・スミスクラインのプレス・リリースは、こちらまで。(中沢真也、介護情報センター)

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.4.17 国内初の長時間作動型吸入β刺激薬が承認、効能にCOPDも

■ 参考トピックス ■
◆ 2002.6.12 米NAEPPの喘息ガイドラインが改訂、「第一選択」治療を明記

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 勤務先が急性期医療を縮小、転職に動く医師たち 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:3
  2. 職員を信頼し、任せすぎた院長の不覚 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:1
  3. 胃穿孔でショック死、開腹の決断の遅れを認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:3
  4. 結核?まさかね〜 いや、でも… わかる!院内感染対策 FBシェア数:141
  5. ドタバタの延期から1年、新制度はどうなった? シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:95
  6. バリウム検診で「要精検」と言われる患者 胃カメラのおいしい入れ方 FBシェア数:54
  7. 初めてのレセ請求、期限間際に思わぬ問題が発覚 開業の落とし穴 FBシェア数:3
  8. 総合診療の研修プログラム、いまだ定まらず シリーズ◎どうなる新専門医制度 FBシェア数:100
  9. 米国の人工膝関節全置換術は適応を見直すべき BMJ誌から FBシェア数:66
  10. ナースが女になる瞬間? 病院珍百景 FBシェア数:13