2002.06.20

GSKが国内初の長時間作動型β2刺激薬を発売

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月17日、気管支拡張効果が長時間持続するβ2刺激薬、キシナホ酸サルメテロール(商品名:セレベント)を発売した。今年4月11日付けで厚生労働省の承認を受けたもの(関連トピックス参照)。

 発売する製剤は、「セレベント 25 ロタディスク」と「セレベント 50 ロタディスク」の2種類。剤型はドライバウダー吸入型で、成人は1回50μg、小児(5歳以上)は25μg(50μgまで増量可能)を1日2回、朝と就寝前に吸入投与する。薬価は25μg製剤が1ブリスターで51.30円、50μg製剤が同69.90円。

 キシナホ酸サルメテロールは、1回の吸入で12時間以上の間、気管支拡張効果が持続する。従来の短時間作動型β2刺激薬のような即効性はないので、喘息治療においては長期管理薬(コントローラー)として用い、短時間作動型のβ2刺激薬を発作時の治療薬(リリーバー)、炎症治療用として吸入ステロイド薬を併用する。

 適応症は小児と成人の気管支喘息および慢性閉塞性肺疾患(COPD)。適応疾患としてCOPDとの疾患概念が記載されるのは国内では初めて。COPDは全世界で死因の第5位(2000年推計、WHO)を占める。国内での患者数は受診ベースで約22万人とされている。

 この件に関するグラクソ・スミスクラインのプレス・リリースは、こちらまで。(中沢真也、介護情報センター)

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.4.17 国内初の長時間作動型吸入β刺激薬が承認、効能にCOPDも

■ 参考トピックス ■
◆ 2002.6.12 米NAEPPの喘息ガイドラインが改訂、「第一選択」治療を明記

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. Q.創閉鎖前のポビドンヨード洗浄は有効? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(3) FBシェア数:171
  2. CT読影は臓器の連続性を意識する! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:64
  3. ガイドラインを引用する訴訟が急増しています 特集◎医療訴訟の落とし穴《インタビュー》 FBシェア数:5
  4. 「医師の言動でPTSD」認めず病院側が逆転勝訴 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:1
  5. 当直が大人気、相澤病院の働き方改革とは 日本病院会会長の相澤孝夫氏に聞く FBシェア数:1059
  6. 「説明を尽くしたのに敗訴」のなぜ 特集◎医療訴訟の落とし穴《動向編》 FBシェア数:496
  7. 気づけば増えた血糖降下薬、どう減らす? シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:143
  8. その欲望は、本当に君自身のもの? 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:12
  9. かんしゃくを起こす子にはジャンケンが有効 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:110
  10. Q.抗菌縫合糸の使用はSSI発生率を下げる? シリーズ◎その手術部位感染対策、合っていますか?(1) FBシェア数:127