2002.06.20

GSKが国内初の長時間作動型β2刺激薬を発売

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は6月17日、気管支拡張効果が長時間持続するβ2刺激薬、キシナホ酸サルメテロール(商品名:セレベント)を発売した。今年4月11日付けで厚生労働省の承認を受けたもの(関連トピックス参照)。

 発売する製剤は、「セレベント 25 ロタディスク」と「セレベント 50 ロタディスク」の2種類。剤型はドライバウダー吸入型で、成人は1回50μg、小児(5歳以上)は25μg(50μgまで増量可能)を1日2回、朝と就寝前に吸入投与する。薬価は25μg製剤が1ブリスターで51.30円、50μg製剤が同69.90円。

 キシナホ酸サルメテロールは、1回の吸入で12時間以上の間、気管支拡張効果が持続する。従来の短時間作動型β2刺激薬のような即効性はないので、喘息治療においては長期管理薬(コントローラー)として用い、短時間作動型のβ2刺激薬を発作時の治療薬(リリーバー)、炎症治療用として吸入ステロイド薬を併用する。

 適応症は小児と成人の気管支喘息および慢性閉塞性肺疾患(COPD)。適応疾患としてCOPDとの疾患概念が記載されるのは国内では初めて。COPDは全世界で死因の第5位(2000年推計、WHO)を占める。国内での患者数は受診ベースで約22万人とされている。

 この件に関するグラクソ・スミスクラインのプレス・リリースは、こちらまで。(中沢真也、介護情報センター)

■ 関連トピックス ■
◆ 2002.4.17 国内初の長時間作動型吸入β刺激薬が承認、効能にCOPDも

■ 参考トピックス ■
◆ 2002.6.12 米NAEPPの喘息ガイドラインが改訂、「第一選択」治療を明記

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アルツハイマー治療薬開発が進まない理由 理化学研究所神経蛋白制御研究チームシニア・チームリーダーの西道隆臣氏に聞く FBシェア数:172
  2. 57歳男性。両下腿から足背の浮腫と紫斑 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  3. 75歳女性。構音障害、左共同偏視 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. JCHO東京高輪病院で感染症内科医7人一斉退職 2017年4月から、ほぼ全科で土曜休診に FBシェア数:648
  5. コデイン類含有製剤、12歳未満は禁忌に まずは「重要な基本的注意」で注意喚起、2019年から全面禁忌 FBシェア数:292
  6. 酸素療法で飛んで行ったメガネ 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:101
  7. 広がる中学生のピロリ検診・除菌 ニュース追跡◎エビデンス乏しく副作用の懸念も FBシェア数:547
  8. 「救急医にはアイデンティティーがない」の呪い 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:69
  9. 末梢神経障害へのエパルレスタットに要注意 セキララ告白!個別指導 FBシェア数:74
  10. なんでこんな検査を定期健診に入れている? 記者の眼 FBシェア数:217