2002.06.19

アストラゼネカ、口腔内で溶けやすい片頭痛治療薬「ゾーミッグRM錠2.5mg」を発売

 アストラゼネカは6月14日、口腔内速溶錠の片頭痛治療薬「ゾーミッグRM錠2.5mg」(一般名:ゾルミトリプタン)を発売した。薬剤名の「RM」は「Rapid Melt」からとったもので、錠剤中に含まれた崩壊剤と発泡剤の作用により口腔内で溶けやすく、水がなくても服用できるように作られた経口薬。患者が飲みやすいようオレンジ味に仕上げている。片頭痛は場所や時間を問わず発症し、悪心や嘔吐といった症状を伴うこともあるため、水なしで服用できるのは大きなメリットといえる。

 ゾルミトリプタンは第2世代のトリプタン系薬剤とされ、第1世代のコハク酸スマトリプタン(商品名:イミグラン)と同じく、セロトニン(5HT)受容体のサブタイプである5HT1B/1D受容体に選択的に作用する薬剤。これらの受容体に結合することで、片頭痛発作時に過度に拡張した血管を収縮させ、三叉神経からの神経ペプチドの放出も抑えて、病態を改善する。

 第2世代と呼ばれる薬剤は、第1世代の薬剤よりも受容体への親和性が高く、経口投与時の吸収性にも優れ、血中半減期も長く、血液脳関門も通過しやすい。そのため、脳幹での三叉神経核に及ぼす中枢作用に優れているとされる。

 「ゾーミッグRM錠2.5mg」は2002年3月15日に承認、6月14日に薬価収載され、同日販売を開始した。2002年1月末現在では、26カ国で承認、22カ国で販売されているという。また、口腔内速溶錠ではない従来薬の「ゾーミッグ錠2.5mg」については、今後も販売を継続していく。これは、「従来薬を好む患者も少なからずいるため」(同社)。

 なお、「ゾーミッグRM錠2.5mg」の薬価は1錠当たり1059.90円。成人には通常、ゾルミトリプタンとして1回2.5mgを経口投与する。

 アストラゼネカ社のホームページはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. ズバリ!up to date問題の出題のヤマはこ… 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:39
  2. 50歳男性、夜中の意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 食べられない高齢者にはこう介入する Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:159
  4. プライマリ・ケア連合学会が成人までカバーしたワク… 学会トピック◎第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 FBシェア数:52
  5. 「学会の指針を転載したら金を払え」は正当か 弁護医師・田邉昇の『医と法の視点』 FBシェア数:127
  6. その図表、そんなタイトルじゃ伝わりませんよ 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:37
  7. 85歳の癌患者に標準治療を行いますか? リポート◎高齢癌患者の治療適否は予後とQOLへの影響で判断 FBシェア数:138
  8. 病理、リハビリテーション科、臨床検査の研修プログ… Cadetto Special●新専門医制度、各科の動向 FBシェア数:24
  9. 慢性的な膝の痛みに効く漢方 幸井俊高の「漢方薬 de コンシェルジュ」 FBシェア数:19
  10. 大阪北部で地震発生! 救急医の1日 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:169
医師と医学研究者におすすめの英文校正