2002.06.19

アストラゼネカ、口腔内で溶けやすい片頭痛治療薬「ゾーミッグRM錠2.5mg」を発売

 アストラゼネカは6月14日、口腔内速溶錠の片頭痛治療薬「ゾーミッグRM錠2.5mg」(一般名:ゾルミトリプタン)を発売した。薬剤名の「RM」は「Rapid Melt」からとったもので、錠剤中に含まれた崩壊剤と発泡剤の作用により口腔内で溶けやすく、水がなくても服用できるように作られた経口薬。患者が飲みやすいようオレンジ味に仕上げている。片頭痛は場所や時間を問わず発症し、悪心や嘔吐といった症状を伴うこともあるため、水なしで服用できるのは大きなメリットといえる。

 ゾルミトリプタンは第2世代のトリプタン系薬剤とされ、第1世代のコハク酸スマトリプタン(商品名:イミグラン)と同じく、セロトニン(5HT)受容体のサブタイプである5HT1B/1D受容体に選択的に作用する薬剤。これらの受容体に結合することで、片頭痛発作時に過度に拡張した血管を収縮させ、三叉神経からの神経ペプチドの放出も抑えて、病態を改善する。

 第2世代と呼ばれる薬剤は、第1世代の薬剤よりも受容体への親和性が高く、経口投与時の吸収性にも優れ、血中半減期も長く、血液脳関門も通過しやすい。そのため、脳幹での三叉神経核に及ぼす中枢作用に優れているとされる。

 「ゾーミッグRM錠2.5mg」は2002年3月15日に承認、6月14日に薬価収載され、同日販売を開始した。2002年1月末現在では、26カ国で承認、22カ国で販売されているという。また、口腔内速溶錠ではない従来薬の「ゾーミッグ錠2.5mg」については、今後も販売を継続していく。これは、「従来薬を好む患者も少なからずいるため」(同社)。

 なお、「ゾーミッグRM錠2.5mg」の薬価は1錠当たり1059.90円。成人には通常、ゾルミトリプタンとして1回2.5mgを経口投与する。

 アストラゼネカ社のホームページはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:116
  2. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:197
  3. 「たかが過換気」と侮ってはいけない 酸・塩基・電解質マネジメント FBシェア数:5
  4. 白衣にネクタイ、する? しない? 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:48
  5. その単語選んでちゃ論文の価値が下がりますよ! 英文校正者が教える医学論文執筆の極意 FBシェア数:0
  6. 初期臨床研修の内容・評価基準が大幅改定へ 7科必修化、コミュニケーション能力などの評価が追加 FBシェア数:40
  7. 内科系診療科をたらい回しにされ、最終的には… 医学と看護の交差点でケアを考える FBシェア数:31
  8. 内科専攻医数、過去3年平均から21%も減少 人口10万人当たり最多は東京都の3.83人、最少は高知県の0.70人 FBシェア数:157
  9. 耳症状のみ、ANCA陰性でも注意深く観察を ANCA関連血管炎性中耳炎を学ぶ FBシェア数:0
  10. 血圧ビッグデータからエビデンスは作れる インタビュー◎上島弘嗣氏(滋賀医科大学アジア疫学研究センター) FBシェア数:55