2002.06.19

アストラゼネカ、口腔内で溶けやすい片頭痛治療薬「ゾーミッグRM錠2.5mg」を発売

 アストラゼネカは6月14日、口腔内速溶錠の片頭痛治療薬「ゾーミッグRM錠2.5mg」(一般名:ゾルミトリプタン)を発売した。薬剤名の「RM」は「Rapid Melt」からとったもので、錠剤中に含まれた崩壊剤と発泡剤の作用により口腔内で溶けやすく、水がなくても服用できるように作られた経口薬。患者が飲みやすいようオレンジ味に仕上げている。片頭痛は場所や時間を問わず発症し、悪心や嘔吐といった症状を伴うこともあるため、水なしで服用できるのは大きなメリットといえる。

 ゾルミトリプタンは第2世代のトリプタン系薬剤とされ、第1世代のコハク酸スマトリプタン(商品名:イミグラン)と同じく、セロトニン(5HT)受容体のサブタイプである5HT1B/1D受容体に選択的に作用する薬剤。これらの受容体に結合することで、片頭痛発作時に過度に拡張した血管を収縮させ、三叉神経からの神経ペプチドの放出も抑えて、病態を改善する。

 第2世代と呼ばれる薬剤は、第1世代の薬剤よりも受容体への親和性が高く、経口投与時の吸収性にも優れ、血中半減期も長く、血液脳関門も通過しやすい。そのため、脳幹での三叉神経核に及ぼす中枢作用に優れているとされる。

 「ゾーミッグRM錠2.5mg」は2002年3月15日に承認、6月14日に薬価収載され、同日販売を開始した。2002年1月末現在では、26カ国で承認、22カ国で販売されているという。また、口腔内速溶錠ではない従来薬の「ゾーミッグ錠2.5mg」については、今後も販売を継続していく。これは、「従来薬を好む患者も少なからずいるため」(同社)。

 なお、「ゾーミッグRM錠2.5mg」の薬価は1錠当たり1059.90円。成人には通常、ゾルミトリプタンとして1回2.5mgを経口投与する。

 アストラゼネカ社のホームページはこちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:41
  2. 叱るのが苦手…、態度が悪い職員にどう指導? 診療所経営駆け込み寺 FBシェア数:4
  3. 「死にそうな時は何にもしなくていい」と言われてた… 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:426
  4. 人が死ぬ理由 じたばたナース FBシェア数:6
  5. 遠隔医療、ネット診療って儲かるの? 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:29
  6. 30代男性職員の母親から届いた理不尽な苦情 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:29
  7. 医療者を守る放射線防護の10カ条 リポート◎急がれる医療者の被曝低減策 FBシェア数:83
  8. 「管理薬剤師以外は派遣」の薬局が迎えた結末 マイルバガナム恵美の「日本とカナダの薬局見聞録」 FBシェア数:4
  9. 在宅医療のサービス提供、評価のあり方を議論 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:67
  10. 著名病院同士が合併、病院大再編時代の幕開け 記者の眼 FBシェア数:449