2002.06.11

抗菌薬による下痢症の予防、やはり生菌製剤に効果あり

 乳酸菌製剤などの生菌製剤(プロバイオティクス)が、抗菌薬服用による下痢症の予防に有効であることが、九つの無作為化二重盲検試験のメタ分析で確認された。わが国では下痢症の予防効果を期待して、抗菌薬に乳酸菌製剤を同時処方する医師が多いが、意外なことに生菌製剤の下痢症予防効果がメタ分析で示されたのは初めて。分析結果は、British Medical Journal(BMJ)誌6月8日号に掲載された。

 抗菌薬を服用すると、消化管内の細菌叢バランスが崩れ、5〜30%の人には下痢症が生じるとされる。ここにクロストリディウム菌が二次感染すると、劇症の偽膜性大腸炎に至ることもあり、特に高齢者では深刻な問題になっていた。

 いったんクロストリディウム感染が起こると、この菌に感受性のあるメトロニダゾールや塩酸バンコマイシンなどを使わないと治療できない。そのため、「安価で副反応が少ない生菌製剤で抗菌薬下痢症を予防する」との戦略が欧米で見直され始めていたが、これまでに報告された臨床試験は症例数が少ないものが多く、抗菌薬下痢症の予防効果に関しては明確な結論が出ていなかった。

 英国Imperial大学医学部高齢者ケア部門のAloysius L. D'Souza氏らは、1966年〜2000年の間に発表された関連論文について、代表的な医学論文データベースであるメドラインやコクラン・ライブラリーを検索。抗菌薬を服用している患者に、生菌製剤またはプラセボを無作為に投与して、下痢症の予防効果を比較した二重盲検試験9報を抽出した。このうち4報は酵母、5報は非酵母(乳酸菌や腸球菌)を使ったもので、2報は乳幼児を対象としている。

 次に研究グループは、下痢症を「平時の腸の状態とは異なり、少なくとも2日間は1日2回以上、下痢気味あるいは水様性の便が出る状態」と定義し、臨床試験のデータを評価し直した。すると、酵母を使った1本の論文を除いては、実薬側で下痢症の予防効果が高い傾向があった。そこでD'Souza氏らは、用いた生菌製剤別に対象患者をプールしてメタ分析を行い、下痢症予防効果に対するオッズ比を求めた。その結果、オッズ比は酵母試験で0.39、非酵母試験では0.34、9報全部では0.37となり、生菌製剤に抗菌薬下痢症の予防効果があることが示されたという。

 ただし、「分析した試験数が少ない上、使われている抗菌薬も試験により異なり、下痢症を引き起こすリスクやそれに対する生菌製剤の反応も違う」(研究グループ)など、今後検討すべき課題も残されている。また、酵母や乳酸菌は「カプセルや乳酸菌飲料などが市販されているが、こうした市販の生菌製剤に、下痢症への効果があるかは今のところ不明」と研究グループは注意を促している。

 この論文のタイトルは、「Probiotics in prevention of antibiotic associated diarrhoea: meta-analysis」。現在、全文をこちらhttp://bmj.com/cgi/content/full/324/7350/1361で閲覧できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承ください)。(八倉巻尚子、医療ライター)

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 今冬はインフルエンザワクチンには頼れません! 特集◎いつもと違う! 今冬のインフルエンザ《1》 FBシェア数:280
  2. 誤嚥性肺炎って何科の疾患? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:377
  3. 66歳女性。意識障害、痙攣 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  4. 2018年度ダブル改定の“真の主役”は「看取り」 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:17
  5. 62歳男性。口唇のしびれと呼吸困難 日経メディクイズ●神経内科 FBシェア数:0
  6. 院外と院内の価格差、中医協でも議論に トレンド(DIオンライン) FBシェア数:21
  7. インフル迅速検査、全例には必要ありません! 特集◎いつもと違う!今冬のインフルエンザ《2》 FBシェア数:682
  8. NAFLD患者は脳の萎縮が早くなる可能性あり JAMA Neurology誌から FBシェア数:58
  9. カフェイン中毒――侮ってはいけない市販薬 EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:17
  10. 高齢者にも脳症リスクあるA(H3)は流行する? 寄稿◎2017ー18シーズンのインフルエンザ診療の要点《上》 FBシェア数:1