2002.06.04

カテーテル挿入部の消毒、ポビドンヨードよりクロルヘキシジンが有用

 カテーテル感染症の予防策として、挿入部の消毒は欠かせないものだが、使用する消毒薬によって予防効果がかなり異なることがわかった。ポビドンヨードよりも、グルコン酸クロルヘキシジンを用いる方が、敗血症の発症率が半減するという。研究結果は、Annals of Internal Medicine誌6月4日号に掲載された。

 この研究を行ったのは、タイNaresuan大学のNathohrn Chaiyakunapruk氏ら。Chaiyakunapruk氏らは、臨床現場でよく使われる2種類の消毒薬を比較した臨床試験8報をメタ分析し、敗血症の予防効果を比較した。

 プールされた対象患者数は総計4143人。すべて入院中の成人で、中心静脈カテーテルの挿入を受けており、8試験中5試験は集中治療室(ICU)の入院患者を対象としていた。メタ分析の結果、カテーテル関連の血液感染の発生率は、ポビドンヨードで消毒を行った患者ではおよそ2%。一方のグルコン酸クロルヘキシジンでは約1%で、ポビドンヨードより発生率が相対的に49%低くなることが明らかになった(危険率比0.51、95%信頼区間:0.27〜0.97)。

 以上から研究グループは、「中心静脈カテーテルを挿入する際は、挿入部をグルコン酸クロルヘキシジンで消毒した方が、ポビドンヨードで消毒するよりも血液感染の発生率を大幅に減らせる」と結論。消毒液としてグルコン酸クロルヘキシジンを採用することは、カテーテルによる血液感染を防ぐための「シンプルで効果的な方法」だと強調している。

 この論文のタイトルは、「Chlorhexidine Compared with Povidone-Iodine Solution for Vascular Catheter?Site Care: A Meta-Analysis」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 神になりたかった男 徳田虎雄 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:162
  2. 医師の時短に向け直ちに実施すべき事項を明示 「医師の働き方改革に関する検討会」が緊急取り組み案と中間論点整理 FBシェア数:147
  3. 7対1と10対1を「急性期一般入院料」に再編 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:25
  4. 「20年目に給与1500万円」が目安? Cadetto Special●医者の値段 2017 FBシェア数:1
  5. 2040年、医療機関と医師の動きはこう変わる 特集◎「2040年問題」で日本の医療はここまで変わる《5》 FBシェア数:111
  6. 胸背部痛、呼吸苦で救急を受診した60歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  7. 「ビットコイン」の技術は医療にも トレンド◎ブロックチェーンを電子カルテなどの情報基盤に活用 FBシェア数:40
  8. 胸部や腹部のCT検査が腎切除術を増やす JAMA Intern Med誌から FBシェア数:41
  9. 穏やかな在宅死を望んでいたのに警察沙汰に 医師が知らない介護の話 FBシェア数:27
  10. 「女性医師余り」は進んでいく Cadetto Special●女性医師の婚活事情 FBシェア数:85
医師と医学研究者におすすめの英文校正