2002.06.04

カテーテル挿入部の消毒、ポビドンヨードよりクロルヘキシジンが有用

 カテーテル感染症の予防策として、挿入部の消毒は欠かせないものだが、使用する消毒薬によって予防効果がかなり異なることがわかった。ポビドンヨードよりも、グルコン酸クロルヘキシジンを用いる方が、敗血症の発症率が半減するという。研究結果は、Annals of Internal Medicine誌6月4日号に掲載された。

 この研究を行ったのは、タイNaresuan大学のNathohrn Chaiyakunapruk氏ら。Chaiyakunapruk氏らは、臨床現場でよく使われる2種類の消毒薬を比較した臨床試験8報をメタ分析し、敗血症の予防効果を比較した。

 プールされた対象患者数は総計4143人。すべて入院中の成人で、中心静脈カテーテルの挿入を受けており、8試験中5試験は集中治療室(ICU)の入院患者を対象としていた。メタ分析の結果、カテーテル関連の血液感染の発生率は、ポビドンヨードで消毒を行った患者ではおよそ2%。一方のグルコン酸クロルヘキシジンでは約1%で、ポビドンヨードより発生率が相対的に49%低くなることが明らかになった(危険率比0.51、95%信頼区間:0.27〜0.97)。

 以上から研究グループは、「中心静脈カテーテルを挿入する際は、挿入部をグルコン酸クロルヘキシジンで消毒した方が、ポビドンヨードで消毒するよりも血液感染の発生率を大幅に減らせる」と結論。消毒液としてグルコン酸クロルヘキシジンを採用することは、カテーテルによる血液感染を防ぐための「シンプルで効果的な方法」だと強調している。

 この論文のタイトルは、「Chlorhexidine Compared with Povidone-Iodine Solution for Vascular Catheter?Site Care: A Meta-Analysis」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. これだけは知っておきたい「改正道路交通法」 プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:177
  2. 安易な食物除去はNG、湿疹の管理も忘れずに インタビュー◎「食物アレルギー診療ガイドライン」改訂のポイント FBシェア数:539
  3. 国際医療福祉大学医学部の志願者倍率は27.7倍 昨年開学した東北医科薬科大学を大幅に上回る人気 FBシェア数:319
  4. 1日で299人、悪夢のような銃創ラッシュ 国境なき医師団が見た世界の医療現場 FBシェア数:112
  5. 「ネットは仕事に悪影響」と電カル未導入の病院 日経ヘルスケアon the web FBシェア数:65
  6. 往診に行ったら仏壇をチェック!? Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:152
  7. 意外と知らない看取りの手順 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:67
  8. 第7次医療計画の作成指針案が了承 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:2
  9. インフルエンザ、推計患者が100万人に迫る インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:228
  10. ニボルマブは進行胃癌の3次治療として有効【ASC… 日経メディカルOncologyニュース FBシェア数:31