2002.06.03

抗IL6r抗体、慢性関節リウマチ対象の後期第2相試験が終了

 中外製薬は5月28日、インターロイキン6受容体(IL6r)に対するヒト型化モノクローナル抗体の、慢性関節リウマチ患者を対象とした後期第2相試験がこのほど終了したと発表した。同薬は大阪大学と中外製薬が共同開発したもの(関連トピックス参照)で、日本と欧州で臨床開発が進められている。

 この試験は患者164人を対象としたプラセボ対照二重盲検試験で、プラセボ、実薬4mg/kg、実薬8mg/kgの3群に割り付け、4週間隔で3回点滴投与して至適用量を検討した。その結果、症状の改善度を米国リウマチ学会(ACR)の評価スコアで評価すると、20%の改善(ACR20)がプラセボ群の11.3%に対し、4mg/kg群では57.4%、8mg/kg群では78.2%に認められたという。

 既存のリウマチ治療薬では、ACR20の改善が得られる患者は2割程度と考えられており、高容量群で8割というのは期待の持てるデータだ。気になる安全性は、有害事象の発現頻度が実薬投与群でやや高かったが、十分許容できる範囲だという。中外製薬では今後、欧州での開発を推進する一方、わが国でも第3相試験を行う準備を進めている。

 臨床試験成績の詳細は、今年10月に開催される米国リウマチ学会で発表する予定。この件に関する中外製薬のプレス・リリースは、こちら(PDF形式)まで。

■ 関連トピックス ■
◆ 2001.7.13 日本DDS学会速報】抗IL6r抗体、難治性の慢性関節リウマチに奏効

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 「四国の真ん中」の病院に医師が続々集まる理由 記者リポート FBシェア数:150
  2. 他の裁判より難しい医療訴訟、1点を除いては… 裁判官が語る医療訴訟の実像 FBシェア数:27
  3. FFR-CTの導入で冠動脈造影が減り医療費も削減 学会トピック◎第82回日本循環器学会学術集会 FBシェア数:190
  4. 「医療機関で麻疹拡散」は何としても防ぎたい パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:101
  5. 「入院は嫌」94歳患者に肝膿瘍が生じたら… 新田國夫の「直伝・高齢者診療の極意」 FBシェア数:37
  6. セレコックスが増えたのは薬剤師のせい!? セキララ告白!個別指導 FBシェア数:55
  7. OD錠のODって何の略? クスリの名前 探検隊 FBシェア数:66
  8. 切除不能膵癌のconversion surger… 日経メディカルOncologyリポート FBシェア数:10
  9. ゲノムに基づく戦略に進化した肺癌診療 特集◎癌ゲノム医療がやって来る《1》 FBシェア数:21
  10. 高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善 Circulation誌から FBシェア数:34
医師と医学研究者におすすめの英文校正