2002.05.15

【再掲】 協和発酵、尿失禁治療薬KW-7158の前期第2相試験を欧米で開始

 協和発酵工業は5月14日、同社が開発中の尿失禁治療薬KW-7158(開発コード)について、このほど欧米で前期第2相試験を開始したと発表した。現時点では同社が単独で臨床開発を行っているが、将来的には他社との提携も視野に入れて開発を進める。

 尿失禁には、出産による骨盤底のゆるみなどにより、立ち上がった拍子などに尿が漏れる腹圧性尿失禁や、膀胱が突然、勝手に収縮する「膀胱の過活動」で起こる切迫性尿失禁など、原因別に様々な病態がある。KW-7158のターゲットは切迫性尿失禁で、わが国には約240万人、欧米を併せると約2000万人の患者がいるとされる。

 切迫性尿失禁の治療には、副交感神経を遮断して膀胱の活動を抑える抗コリン薬が主に使われるが、口の渇きや排尿障害などの副作用も高頻度で起こる。KW-7158は、末梢の知覚神経に作用して膀胱活動を調整する、既存薬にない作用を持つ。昨年6月からフランスで行ってきた前期第2相試験では、抗コリン薬でしばしば起こる口渇などの副作用はほとんど認められなかったという。

 前期第2相試験は、米国のほか欧州数カ国で行われているが、国名は明らかにしていない。日本での臨床開発はまだ準備段階だが、欧米での臨床試験結果を外挿(ブリッジング)する形での承認申請を検討している模様だ。切迫性尿失禁は、高齢化の進展に伴い、患者数の増加が予想される疾患の一つ。同社では、ピーク時で年間600億円以上に成長する大型新薬へと育てたい考えだ。この件に関する協和発酵工業のニュース・リリースは、こちらまで。

■訂正■
 「後期第2相試験を欧米で」との表現は「前期第2相試験を欧米で」の間違いでした。訂正します。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 向精神薬になったデパス、処方はどうする? トレンド◎ベンゾジアゼピン系薬の安易な処方に警鐘 FBシェア数:1279
  2. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:178
  3. JTに異例の反論を出した国がんが抱く危機感 Cadetto通信 FBシェア数:121
  4. 開業4年目の私が医院経営の勉強会を作ったわけ 診療所マネジメント実践記 FBシェア数:45
  5. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:232
  6. 国主導で『抗菌薬適正使用の手引き』作成へ 政府の薬剤耐性対策アクションプランが始動 FBシェア数:19
  7. 真面目ちゃんが燃え尽きるとき 研修医のための人生ライフ向上塾! FBシェア数:0
  8. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:193
  9. 医師にも多い? 過敏性腸症候群(IBS)型便秘 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:344
  10. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0