2002.05.10

武田薬品と味の素−アベンティス、わが国第3のビス製剤を発売

 今年1月に製造承認、4月末に薬価収載された骨粗鬆症治療薬のリセドロン酸ナトリウムが、5月9日に発売された。いわゆる「2チャンネル2ブランド名」による販売で、武田薬品工業(製造・販売)が「ベネット」、味の素(製造)−アベンティス ファーマ(販売)が「アクトネル」との商品名で共同販売する。

 同薬はビスフォスフォネート製剤(ビス製剤)の一つで、わが国のビス製剤としては3剤目。1日1回起床時に服用するタイプで、服用法は昨年8月に発売されたアレンドロン酸ナトリウム(商品名:フォサマック、ボナロン)と同じ。薬価も2.5mg1錠161.10円と同一となっている。

 骨粗鬆症治療薬の市場規模は800億円程度で、うち6割をビタミンD3製剤が占めるとされる。リセドロン酸ナトリウムは、2ブランド併せて初年度に100億円以上の売上を目標としている。骨粗鬆症患者はわが国に約1000万人いるとされるが、医療機関を受診しているのは2割ほどで、製薬メーカーにとっては「潜在市場」の大きな分野。ホルモン補充療法(HRT)の骨粗鬆症への適応拡大もあり、この分野は今後患者の掘り起こしが急速に進みそうだ。

 この件に関する武田薬品工業のニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師・医学生の不祥事報道を目にする度に… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:29
  2. 「102歳Asystole」に思うこと 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:222
  3. 医師免許を失う以外はたいしたリスクじゃない 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:0
  4. 麻疹集団感染、医療機関の受診者からも陽性者 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:237
  5. 子どもにとってトイレやうんちは諸刃の剣 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:56
  6. 若年者のピロリ菌スクリーニング検査は簡便な尿中抗… 学会トピック◎第13回日本消化管学会総会学術集会 FBシェア数:2
  7. インフルエンザ脳症が58例に、6人死亡 インフルエンザ診療Next:トピックス FBシェア数:385
  8. 初訪問で患者が激怒!そのワケは? 新井翔の「I love 在宅」 FBシェア数:79
  9. 「怒鳴る」「注意できない」管理者の結末 太田加世の「看護マネジメント力を磨こう」 FBシェア数:6
  10. 2016年の梅毒患者は4500人超、最多の東京都… 前年比で大幅増加 FBシェア数:239