2002.05.10

武田薬品と味の素−アベンティス、わが国第3のビス製剤を発売

 今年1月に製造承認、4月末に薬価収載された骨粗鬆症治療薬のリセドロン酸ナトリウムが、5月9日に発売された。いわゆる「2チャンネル2ブランド名」による販売で、武田薬品工業(製造・販売)が「ベネット」、味の素(製造)−アベンティス ファーマ(販売)が「アクトネル」との商品名で共同販売する。

 同薬はビスフォスフォネート製剤(ビス製剤)の一つで、わが国のビス製剤としては3剤目。1日1回起床時に服用するタイプで、服用法は昨年8月に発売されたアレンドロン酸ナトリウム(商品名:フォサマック、ボナロン)と同じ。薬価も2.5mg1錠161.10円と同一となっている。

 骨粗鬆症治療薬の市場規模は800億円程度で、うち6割をビタミンD3製剤が占めるとされる。リセドロン酸ナトリウムは、2ブランド併せて初年度に100億円以上の売上を目標としている。骨粗鬆症患者はわが国に約1000万人いるとされるが、医療機関を受診しているのは2割ほどで、製薬メーカーにとっては「潜在市場」の大きな分野。ホルモン補充療法(HRT)の骨粗鬆症への適応拡大もあり、この分野は今後患者の掘り起こしが急速に進みそうだ。

 この件に関する武田薬品工業のニュース・リリースは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれ 記者の眼 FBシェア数:342
  2. 「とりあえずバンコマイシン」を見直そう リポート◎MRSA感染症ガイドライン2017の改訂ポイント FBシェア数:461
  3. 厚労相が学会で明かした抗菌薬削減の奥の手 記者の眼 FBシェア数:1073
  4. カンピロバクター感染で気付いた思わぬ異常 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:69
  5. どうなってるの? 扁桃摘出の適応 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:103
  6. 「なぜ私が低評価?」人事考課の苦情に院長困惑 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:9
  7. 予算は30万円。ふるさと納税をやってみよう Dr.Kの「医師のためのバリュー投資戦術」 FBシェア数:85
  8. ついに登場!希釈式自己血輸血 リポート◎自己血輸血に3つ目の柱、手術当日でも可能な新手法 FBシェア数:475
  9. 医療事故調査・支援センターには利益相反が生じてい… 全国医学部長病院長会議「大学病院の医療事故対策委員会」委員長・有賀徹氏に聞く FBシェア数:40
  10. どうする? 扁桃摘出1週間後の術後出血 Dr.ヨコバンの「ホンマでっか症例帳」 FBシェア数:7