2002.05.07

乳児期の流行性感染症への罹患、アトピー発症を抑制せず

 「子供のうちに水痘やおたふく風邪などにかかると、アレルギー性疾患になりにくくなる」というのは、どうやら迷信だったようだ。約900人を対象にデンマークで行われた調査で、こうした流行性感染症への罹患歴と、アトピー性疾患の発症率との間には、何ら相関がみられないことが明らかになった。それどころか、はしか(麻疹)に関しては、1歳未満で罹患した人の方が7歳までに罹患していなかった人よりもアトピー性疾患にかかる確率がはるかに高かったという。研究結果は、Thorax誌5月号に掲載された。

 いわゆる発展途上国では、衛生状態の改善を受け、ここ数十年で感染症への罹患率は大幅に下がった。一方で、鼻炎や皮膚炎、喘息などアレルギー性疾患への罹患率は上昇しており、「乳幼児期に感染症にかからないと免疫系の成熟が遅れる」との“衛生仮説”(hygiene hypothesis)が提唱された。

 デンマークStatens血清研究所のP. Bager氏らは、感染症とアトピー性疾患との関連を調べた疫学研究では、この仮説に対する明確な結論が出ていないことに着目。罹患時期との相関を調べた研究もないため、流行性感染症にいつ罹患したかがわかっている妊婦889人のデータを解析して、これらの感染症罹患歴とアトピー性疾患の発症率との関連を調べた。アトピー性疾患は、12種類の吸入抗原に対する免疫グロブリンE(IgE)値が高値(0.35kU/l以上)の場合を「発症あり」とした。

 その結果、おたふく風邪(流行性耳下腺炎)や風疹、水痘に関しては、1歳までに罹患した人と7歳まで罹患しなかった人とで、アトピー性疾患の発症率は変わらないことが判明。はしかについては、1歳までに罹患した人の方が、7歳まで罹患しなかった人よりも、アトピー性疾患の発症率が3.36倍(95%信頼区間:1.47〜7.68)高いことがわかった。

 さらに、2歳より前に何らかの感染症に罹患していた人では、アトピー性疾患を発症するリスクが有意に高いことも明らかになった。“衛生仮説”とは全く正反対の結果が得られたわけで、研究グループは「はしかや風疹、水痘などに、たとえごく早期に罹患したとしても、アトピー性疾患の発症を抑える効果はないようだ」と結論付けている。

 この論文のタイトルは、「Age at childhood infections and risk of atopy」。現在、こちらで全文を閲読できる(リンク先の運営次第で変更になることがあります。ご了承下さい)。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5