2002.04.24

【日本消化器病学会速報】 成人間生体肝移植のジレンマ解消策、門脈注入療法で腹水量が減少

 小児の先天性肝疾患だけでなく、劇症肝炎や肝硬変など成人の重篤な肝疾患に対しても、わが国では生体肝移植が行われるケースが増えてきた。生体肝移植は小児と成人を合わせて既に2000人近くに行われており、C型肝炎ウイルスに感染した元外相の河野洋平氏に、息子で総務政務官の河野太郎氏が肝臓を提供したケースは記憶に新しい。しかし、移植を受ける側(レシピエント)が成人の場合、大きなジレンマがつきまとう。

 生体肝移植では、健康な肝臓提供者(ドナー)の肝臓の一部を切り取り、レシピエントに移植する。肝臓の左葉を提供するケースが多いが、レシピエントが成人の場合、しばしば「提供される肝臓が小さすぎる」(過小グラフト)との問題が生じる。左葉より大きい右葉を提供すれば、過小グラフトは避けられるが、今度はドナーに危険が及ぶ。成人間の生体肝移植は、常にこのジレンマに直面してきた。

 九州大学の基本方針は「ドナーのリスクが少ない左葉を移植する」こと。しかし、腹水などの過小グラフト症候群は、右葉移植の場合よりも頻繁に起こる。そこで、同大大学院医学研究科消化器・総合外科の末廣剛敏氏らは、移植後にグラフトの微小循環を改善する薬剤を、門脈を通して直接グラフトに注入する「門脈注入療法」を編み出した。

 投与する薬剤は、メシル酸ナファモスタット(商品名:フサン)とプロスタグランジンE1のアルプロスタジル アルファデクス(商品名:プロスタンディン)、トロンボキサンA2合成酵素阻害薬のオザグレルナトリウム(商品名:キサンボン)、ステロイド薬のコハク酸メチルプレドニゾロンナトリウム(商品名:ソル・メドロール)の4種類。門脈を通してグラフトに7日間持続注入する。

 末廣氏らは4月24日のパネルディスカッション1「生体肝移植の現状と将来展望」で、門脈注入療法を行った9人と、行わなかった9人とで、術後の経過がどの程度変わったかを報告した。高ビリルビン血症は不変だったが、過小グラフト症候群のもう一つの主要症状である腹水が、術後1週、2週のいずれも、門脈注入療法を受けた人でははるかに少ないことがわかったという。

 過小グラフト症候群は、相対的に小さなグラフトに、大量の門脈血が流れ込むために起こると考えられている。門脈注入療法は、薬剤で直接グラフトの微小循環を改善して細胞を保護し、グラフト傷害を軽減するとの戦略だ。末廣氏は「成人間の生体肝移植における、過小グラフト対策の選択肢の一つとして、門脈注入療法は有用」と結んだ。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 人事で形勢不利でも転職しなかった医師の覚悟 医師ヘッドハンティングの舞台裏 FBシェア数:1
  2. 専門医から見て絶対NGな糖尿病診療とは シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:161
  3. 先輩たちが新人を退職に追い込んだ意外な理由 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:134
  4. 70歳男性。左下腹部痛、血便 日経メディクイズ●救急 FBシェア数:0
  5. 飲酒時に緊急呼び出し、診療しますか? 医師1000人に聞きました FBシェア数:18
  6. 「金がないから検査はしたくない」への応え方 シリーズ◎岩岡秀明の糖尿病よろず相談所【藤沼康樹編】 FBシェア数:167
  7. 「記者の眼」も取り上げていた健診項目の怪 駒村和雄の「健康寿命で行こう」 FBシェア数:20
  8. 51歳男性。左下腿の潰瘍 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. さよならNEJM、そしてさよならFDA 池田正行の「氾濫する思考停止のワナ」 FBシェア数:6
  10. 開業物件を決められない医師が陥りがちな罠 その開業、本当に大丈夫ですか? FBシェア数:43