2002.04.11

中間型インスリンの就寝前分割注射、1型糖尿病患者の血糖コントロールを改善

 夕食前に速効型インスリンと中間型インスリンを同時に注射するよりも、夕食前は速効型インスリンのみとし、中間型インスリンは就寝前に注射する方が、1型糖尿病患者の血糖コントロールが改善することがわかった。夜間の低血糖発症頻度も半分以下になったという。研究結果は、Annals of Internal Medicine誌4月2日号に掲載された。

 1型糖尿病患者に対するインスリン療法の基本は、基礎分泌を中間型インスリン、追加分泌を速効型インスリンで代替するというもの。「朝食前と夕食前に、速効型インスリンと中間型インスリンをそれぞれ注射する」というのが基準的な注射法の一つだ。しかし、夕食前には速効型インスリンのみを注射し、中間型インスリンの注射は睡眠前に行うとの治療戦略(分割注射法)が有用との報告もあり、どちらの治療戦略が優れているかとの結論は出ていなかった。

 そこで、イタリアPerugia大学内科のCarmine G. Fanelli氏らは、この二つの治療戦略を比較するクロスオーバー試験(試験の前半と後半で治療法を入れ替える試験)を計画。インスリン分泌能を反映するC-ペプチド値が低値の1型糖尿病患者22人(平均年齢29歳)の協力を得て、両治療法を4カ月ずつ実施して血糖コントロールなどを評価した。

 その結果、夕食前の注射を分割しない、従来の注射法では夜間の低血糖が平均3.6日に1回起こったのに対し、分割注射法ではこれが10日に1回と、夜間低血糖の頻度が半分以下になることが判明。空腹時血糖値も、従来注射法で平均160mg/dl、分割注射法で平均137mg/dlと、有意に低くなった。長期的な血糖コントロール状態を反映するヘモグロビンA1c(HbA1c)値も、従来法の7.5%と比べ分割注射法では7.0%と、有意な改善がみられた。

 もちろん、食事のタイミングも含めた生活リズムは人によって異なるため、全ての患者にとって分割注射法が最善とは言い難い。だが、夜間に低血糖が頻繁に起こる場合や、HbA1c値の高値が続く場合などは、分割注射法を試してみる価値がありそうだ。

 この論文のタイトルは、「Administration of Neutral Protamine Hagedorn Insulin at Bedtime versus with Dinner in Type 1 Diabetes Mellitus To Avoid Nocturnal Hypoglycemia and Improve Control」。アブストラクトは、こちらまで。

Information PR

ログインしていません

Close UpコンテンツPR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5